知的財産とビジネス

『弁理士 的場成夫が、一人前ビジネスパーソンとしてのスキル、天職、知的財産コンサルティング、知的財産の学習方法など主なテーマとして、 10年後でも役立つコラムを、と心掛けながら発信させていただいています。』

スポンサードリンク

サイトマップ


About this site

このサイトについて  

一人前ビジネスパーソンへの道

◎行動できるヒトは一つまみ(2/2)   •◎行動できるヒトは一つまみ(1/2)   •◎シビアな経営者に接して(2/2)   •◎シビアな経営者に接して(1/2)   •◎「評価経済」という言葉と相対評価   •◎気の良い経営者の欠点   •◎ブログに対して10年前に考えていたこと(2/2)   •◎ブログに対して10年前に考えていたこと(1/2)   •◎人間関係の増加への躊躇い(2/2)   •◎人間関係の増加への躊躇い(1/2)   •◎無料サービスを行政はすべきか(2/2)   •◎無料サービスを行政はすべきか(1/2)   •◎鋭い人間観察をする人たちと自分   •◎集中力が落ちている時に足掻く場合と割り切れる場合   •◎老害と呼ばれる前に(3/3)   •◎老害と呼ばれる前に(2/3)   •◎老害と呼ばれる前に(1/3)   •◎転職支援ビジネスの細分化や進化(2/2)   •◎転職支援ビジネスの細分化や進化(1/2)   •◎三年、五年、十年というスパンと実年齢   •◎防災意識の多様性   •◎自分にとってありがたい上司や先輩とは(3/3)   •◎自分にとってありがたい上司や先輩とは(2/3)   •◎自分にとってありがたい上司や先輩とは(1/3)   •◎若さと全体を考える能力とのバランス(4/4)   •◎若さと全体を考える能力とのバランス(3/4)   •◎若さと全体を考える能力とのバランス(2/4)   •◎若さと全体を考える能力とのバランス(1/4)   •◎高校生から学ぶこと   •◎衰えを自覚するのはいつなのか(2)   •◎衰えを自覚するのはいつなのか(1)   •◎諦める勇気が付いたのか   •◎減災訓練の意味   •◎まず想像することで収集する情報量を抑える   •◎被災地と自助努力   •◎第三者を介して伝える手法   •◎認知症への理解   •◎無い物ねだりをしなくなる   •◎ブログ開設10年(2/2)   •◎ブログ開設10年(1/2)   •◎新幹線座席での仕事での思わぬ妨害   •◎同じテーブルでのスマートフォン   •◎初対面の方に対する緊張感   •◎フリーマーケットでのマーケティング   •◎「今、分からないだろうけれど」という助言   •◎フリーランス気質の集団がつくれないものか   •◎新しくできたラーメン屋の見学   •◎口ずさむ トトロをママと パズル夢中   •◎役立たぬ 否 備えとけ 救命法   •◎子育ては ナイトハイクで 一区切り   •◎平成28年度を迎えて   •◎論点のすり替え遊び「一極集中」(2/2)   •◎論点のすり替え遊び「一極集中」(1/2)   •◎コミュニティごとに評価をされるキャラクタが異なること   •◎周囲と異なる視点の鍛え方   •◎経理への目配り(2/2)   •◎経理への目配り(1/2)   •◎社員は社長を超えられない(2/2)   •◎社員は社長を超えられない(1/2)   •◎行動力の向上というニーズは無いのか   •◎カテゴリ名の変更   •◎年賀状による決意表明   •◎他人依存の要素によるご破算という一件   •◎行動力と近況報告   •◎固まった価値観はどこへ行っても役立たず   •◎会議中に思いつく事の処理管理   •◎相場価格とネットオークションの関係(2/2)   •◎相場価格とネットオークションの関係(1/2)   •◎生活領域での見えない軋轢   •◎地産地消を超えたい   •◎好奇心を開いてくれる身近な人がいるか(2/2)   •◎好奇心を開いてくれる身近な人がいるか(1/2)   •◎疲労して壊れてしまう恐ろしさ   •◎プレッシャーからの逃げ方だけうまくなった気がする   •◎インターンシップ活用による経費削減   •◎9年を超えて(2/2)   •◎9年を超えて(1/2)   •◎組織の中の自己実現法   •◎心の不調とその制御   •◎飲食店による差別化の一例   •◎暇の恐ろしさ   •◎自営業者のマネジメントスキル   •◎愚痴のたしなめ方   •◎個人ではできないからこそ組織があるということ   •◎人気イベントと参加料   •◎予備パソコンの出動   •◎知り合いである社長とその部下(2/2)   •◎知り合いである社長とその部下(1/2)   •◎お店には得にならないサービス   •◎行政のIT化失敗のニュースに関する議論   •◎誰からもらったチョコレートか   •◎想い出してもらうための活動   •◎社長によるSNSでの公表   •◎勉強会における心地よい刺激と心地悪さ   •◎エイプリルフールと新年度   •◎3年後が想像しやすくなってきた自分   •◎引退後の日常への変化をもたらす情報   •◎店員さんへの気遣い無きビジネスマンを見て   •◎自分の趣味に関する質問をどう活かすか   •◎批判的なテーマは没にする   •◎朝から少年漫画   •◎紹介を頼んだ後の想像力   •◎常に自分の頭で考えよ   •◎繰り返してしまう愚行   •◎新年のご挨拶2015   •◎今あるモノで何とかせよ   •◎被災地への旅・2014晩秋(4/4)   •◎被災地への旅・2014晩秋(3/4)   •◎被災地への旅・2014晩秋(2/4)   •◎被災地への旅・2014晩秋(1/4)   •◎アウトプットとアウトプットする人間のどちらが大事か   •◎同じ言葉でも経験を重ねると   •◎近所の笑顔   •◎ビジネスバッグ購入の場で   •◎休日出勤に対する気持ち   •◎フリマでのクレーマー   •◎保守的になることの功罪   •◎自分の身に関わらなければ分からない   •◎記念切手ビジネス   •◎相手の立場を経験する   •◎礼儀と相手の事情を知ること   •◎異質な仕事との両立による質と効率   •◎頼み事があるときばっかり   •◎情報発信はマーケティング活動(4/4)   •◎情報発信はマーケティング活動(3/4)   •◎情報発信はマーケティング活動(2/4)   •◎情報発信はマーケティング活動(1/4)   •◎経験の密度を高める方法   •◎ネガティブ発言をしないのがオトナか   •◎接客業のアルバイト事情   •◎頻度を下げて継続すること   •◎受信者多数の場合の情報発信   •◎目指したい笑顔   •◎地域とのつながりとその切実感   •◎地域につながりを作らなかった元ビジネスマン   •◎人間関係と助言のタイミング   •◎忙しい時の仕事スピード   •◎サラリーマン川柳ならぬ独立系川柳 Part.7   •◎グループ出来たら依存始まる   •◎自分たちには当たり前なことを広報する   •◎サラリーマン川柳ならぬ独立系川柳 Part.6   •◎頭固い爺にもなりたくない   •◎サラリーマン川柳ならぬ独立系川柳 part.5   •◎関心事の優先順位   •◎目標達成のための工夫   •◎この一年を振り返って   •◎サラリーマン川柳ならぬ独立系川柳 part.4   •◎サラリーマン川柳ならぬ独立系川柳 part.3   •◎サラリーマン川柳ならぬ独立系川柳 part.2   •◎サラリーマン川柳ならぬ独立系川柳 part.1   •◎心を腐らせずに続けられるか   •◎地域活動への参加とその壁(5/5)   •◎地域活動への参加とその壁(4/5)   •◎地域活動への参加とその壁(3/5)   •◎地域活動への参加とその壁(2/5)   •◎地域活動への参加とその壁(1/5)   •◎新たな取り組みとその継続   •◎日本のイノベーションを阻む習慣   •◎異業種交流会で成果を得るには(3/3)   •◎異業種交流会で成果を得るには(2/3)   •◎異業種交流会で成果を得るには(1/3)   •◎津波避難は自助共助   •◎『永遠のゼロ』を読了して   •◎二度目の失敗の質   •◎長期プロジェクトと失敗に気付くセンス   •◎読書と通勤方法   •◎冷たくしたヒトを見返したい   •◎技術士さんと交流して「弁理士」について思ったこと   •◎資格は職業なのか   •◎地域活動はオトナの義務教育(2/2)   •◎地域活動はオトナの義務教育(1/2)   •◎中間管理職的な役割を担う人柄(2/2)   •◎中間管理職的な役割を担う人柄(1/2)   •◎お客様を喜ばす裏技   •◎自主的に発揮するリーダーシップ   •◎掃除の効用を知りつつ行動できなかった自分(2/2)   •◎掃除の効用を知りつつ行動できなかった自分(1/2)   •◎決断とその裏側の想い   •◎プレゼンテーション能力向上の難しさ   •◎行きつけではない歯医者さんで考えたこと   •◎プロの運転   •◎人件費に対する工夫   •◎情報発信者の孤独と付き合う   •◎一年を振り返る   •◎情報発信で鍛えられる力(2/2)   •◎情報発信で鍛えられる力(1/2)   •◎均一料金の行く末   •◎年賀状の文面   •◎地域活動における消火器訓練   •◎自分の考えの客観性は液晶画面では計れない   •◎騒がしい乗客への対応手段   •◎継続できることとは「嫌いではないこと」   •◎励まされる知り合い   •◎ある社内セミナーの依頼の顛末   •◎国家資格取得から独立、というあるパターン   •◎ハプニングを受け入れる   •◎スマートフォンの普及は○○力の低下を招くはず   •◎ファクシミリ送信による営業活動   •◎地域との絆を育む方法の例   •◎バランスを逸した思い入れの発信   •◎任せる練習としての外注   •◎初期消火訓練に参加して   •◎パソコンの使い方指導の体験   •◎組織の中にいるということ   •◎久々の朝食会   •◎「いい歳」とは   •◎SNSでのビジネスマナー(2/2)   •◎SNSでのビジネスマナー(1/2)   •◎リーダの暴走を止める覚悟や勇気   •◎自治体による津波訓練   •◎怒りを収める   •◎芋掘りイベントの運営   •◎尊敬する人に対して恥ずかしくないように   •◎「お怪我ですか」という声掛けの真意   •◎花火大会のボランティア   •◎趣味を支える仲間の存在   •◎福島県庁にて(2/2)   •◎福島県庁にて(1/2)   •◎メール談義が減ったのは忙しくなったことが原因?   •◎ビジネスの「成功」について考える   •◎教え甲斐のあるヤツ   •◎ボランティア活動とその報酬   •◎惹かれるビジネス書の減少の理由   •◎持ち出されるトイレットペーパー   •◎展望台の適正料金   •◎君には「面白い人」は紹介できません   •◎素人談義で終わらないために   •◎「納豆に殺到」を冷静に分析してみる   •◎いつもどこかで工事中の東京駅   •◎頂いた啓発本   •◎助手席に荷物が載ったままのタクシー   •◎地方都市での成功者の秘密   •◎サッカー審判資格の更新   •◎出世したヒト   •◎他業界の生情報をどうやって得るか   •◎宅配便における盗難リスク   •◎アナログの勝ち?   •◎人生三本柱と行動   •◎健全な会議   •◎分析と明るさ(2/2   •◎分析と明るさ(1/2)   •◎年齢相応のビジネスマンか?   •◎週末の知的財産活動   •◎無防備状態からの切り替え   •◎手帳の購入   •◎昔ながらの喫茶店&煙草   •◎悲観 v.s. 楽観   •◎三日坊主 v.s. 覚悟or動機   •◎教科書的な「顧客満足」から外れた商品   •◎価値観の共有までの過程   •◎コラムにて公表できることとすることの意義   •◎提案する側される側   •◎思考の瞬発力   •◎年上の方に対する苦言   •◎バカ話のわき道   •◎自分で考えるだけでは足りない   •◎コラム数1000を達成   •◎やめる勇気(2/2)   •◎やめる勇気(1/2)   •◎伝わらないのは伝える側の責任   •◎twitter における関心事   •◎自分の弱点を指摘された時   •◎逆営業   •◎後輩への甘え   •◎社会の一員として救急車問題を考える   •◎風評被害と地理的感覚   •◎人事評価という行動基準(2/2)   •◎人事評価という行動基準(1/2)   •◎二~三次会における幹事の仕事   •◎友人と仕事の話   •◎会議の進行   •◎ある小売業の気配り   •◎年相応の判断力   •◎聞き出す力にやられた   •◎売れ筋は常に変化する   •◎ビジネス書と現場経験とのバランス   •◎震災募金活動の準備と異業種の力   •◎議論を進行するスキル   •◎震災お見舞い申し上げます   •◎大勢の前に出るということ   •◎ある団体のビジネススキルに関するレベル   •◎発揮能力と保有能力   •◎クリアリング能力   •◎経験×意欲   •◎トランプの効用と交渉事   •◎喪中はがきとビジネス用年賀状   •◎経営者によるブログの読み手   •◎アポの変更   •◎電話口の態度   •◎体調に関する発言   •◎組織にいたらできない体験こそ   •◎ネットワーキングは人脈につながるか   •◎販売の体験(2/2)   •◎販売の体験(1/2)   •◎プラス思考の空間   •◎忘れ物の対応   •◎取扱説明書という販促ツール   •◎育てるコツ   •◎携帯パソコンを出張先で   •◎自転車屋さんでのアルバイト体験   •◎場所柄とマナー   •◎初の新聞広告   •◎資格<キャラ   •◎述べるチャンスと立場と伝え方   •◎自覚症状が麻痺していることは危険(2/2)   •◎自覚症状が麻痺していることは危険(1/2)   •◎分かることへのニーズ   •◎テンポの遅い営業マン   •◎緊張感と慣れ   •◎辛い選択   •◎ベルトの孔   •◎複雑な笑顔   •◎OEMでの修行を経て   •◎中小企業のためのコンペ開催案(2)   •◎中小企業のためのコンペ開催案(1)   •◎残業の原因   •◎ビジネスとのバランス感覚   •◎営業マンはツブシが利く   •◎文武両道   •◎単年度予算に思うこと   •◎風邪を引くなら   •◎人生の先輩に見放された   •◎運動が健康によいのはなぜか?   •◎やる気の有無   •◎お茶一杯出てこない   •◎株式制度の原則に立ち返る   •◎爆発を抑えるモノ   •◎器の大きさと年上の部下   •◎集客商品と収益商品   •◎運と縁とは一字違い   •◎「ほうれんそう」と「命解援」   •◎ツイッターに対する現在の考え   •◎シナリオ・ライティング   •◎隠れた天下り制度   •◎出張の疲れの原因   •◎ネームプレートを外さないランチ   •◎個別の爪楊枝   •◎商売替えと底力   •◎カフェイン飲料は水分補給にならない   •◎教育者としてのビジネスマン   •◎先輩弁理士のマイカー買い換え   •◎積年のストレス   •◎予定調和の先へ/脇へ   •◎病院の待合室   •◎代わりが居ないことの長短   •◎情報発信ツールはコミュニケーションツールか?   •◎自分でやった成果の失念   •◎岡田武史監督の教え(2/2)   •◎岡田武史監督の教え(1/2)   •◎トウモロコシ焼きの経験   •◎情熱の引継ぎ   •◎アドバイスをする側の立場や心境について   •◎情報収集能力と情報選別能力   •◎いつになったら落ち着けるのか   •◎頭での理解から一歩前に(2)   •◎頭での理解から一歩前に(1)   •◎怒りからの進歩と小さな進化   •◎ラストオーダー後の厨房   •◎年齢との戦いは続くのか   •◎心地よさという売り物   •◎若さに代わる武器   •◎マスメディア記事の読み方   •◎実感したことの強み   •◎衰えの実感   •◎組織の一員であることの意義   •◎図解が文書に勝つ   •◎採用活動から得る利益   •◎腰痛対策(3)   •◎腰痛対策(2)   •◎腰痛対策(1)   •◎体験の質を上げるために   •◎人脈づくりには自らの時間投資を   •◎「上から目線」も必要   •◎コンペ敗退後の飲み会   •◎電車の遅れ情報   •◎バスを待つ後悔   •◎出張の荷物   •◎酒席での握手   •◎ビジネス用の年賀状   •◎年賀状の自粛通知   •◎人事異動の効用(2)   •◎人事異動の効用(1)   •◎向上心の形としての資格マニア   •◎図々しい人とのつき合い   •◎会社が伸びない訳は   •◎捨てるべきプライド   •◎プロジェクトの事務局   •◎過去の評価と現在の自分   •◎ゼロベースで考える   •◎議事録係   •◎電話対応について   •◎大人のずるさ   •◎迷ったときの指針   •◎お見送りをする/される   •◎カネは後から付いてくる?(2)   •◎カネは後から付いてくる?(1)   •◎コンサルタントの質問力   •◎伝えたいことと伝わること(2)   •◎伝えたいことと伝わること(1)   •◎打ち合わせ時刻の指定   •◎我慢のしどころ?それとも・・・   •◎ノーネクタイの定着   •◎成長リテラシー&発展リテラシーver.2(あるパン屋の話-(4))   •◎成長リテラシー&発展リテラシーver.2(あるパン屋の話-(3))   •◎成長リテラシー&発展リテラシーver.2(あるパン屋の話-(2))   •◎成長リテラシー&発展リテラシーver.2(あるパン屋の話-(1))   •◎コンプレックスの功罪   •◎失敗時のお詫びの台詞   •◎心の好不調   •◎成長リテラシー&発展リテラシー(ver.1)   •◎怠惰な朝礼   •◎自己嫌悪と進歩   •◎劣等感と孤独感(2)   •◎劣等感と孤独感(1)   •◎教養を高めるためには   •◎失敗の原因開示が小出しになる理由   •◎検定というビジネス   •◎時間の有効活用(4)   •◎時間の有効活用(2)   •◎時間の有効活用(1)   •◎ボランティア活動の効用(3)   •◎ボランティア活動の効用(2)   •◎ボランティア活動の効用(1)   •◎ ▲●庁の官僚のお話(5)   •◎ ▲●庁の官僚のお話(4)   •◎ ▲●庁の官僚のお話(3)   •◎ ▲●庁の官僚のお話(2)   •◎ ▲●庁の官僚のお話(1)   •◎あなたの夢って   •◎最初は誰でも無名   •◎メールのタイトルからの反応(迷惑メール)   •◎言い切ること(4)   •◎言い切ること(3)   •◎言い切ること(2)   •◎言い切ること(1)   •◎日常業務と創造性(4)   •◎日常業務と創造性(3)   •◎日常業務と創造性(2)   •◎日常業務と創造性(1)   •◎情報の単位とデジタルデータ(3)   •◎情報の単位とデジタルデータ(2)   •◎情報の単位とデジタルデータ(1)   •◎人間はなぜ情報を求めるのか(5)   •◎人間はなぜ情報を求めるのか(3)   •◎人間はなぜ情報を求めるのか(2)   •◎人間はなぜ情報を求めるのか(1)   •◎認知・判断・行動(4)   •◎認知・判断・行動(3)   •◎認知・判断・行動(2)   •◎認知・判断・行動(1)   •◎批判という自己ブレーキ(4)   •◎批判という自己ブレーキ(3)   •◎批判という自己ブレーキ(2)   •◎批判という自己ブレーキ(1)   •◎訪問時刻の予告   •◎コミュニケーション能力(5)   •◎コミュニケーション能力(4)   •◎コミュニケーション能力(3)   •◎コミュニケーション能力(2)   •◎コミュニケーション能力(1)   •◎情報の値段(3)   •◎情報の値段(2)   •◎情報の値段(1)   •◎一次情報と二次情報(3)   •◎一次情報と二次情報(2)   •◎一次情報と二次情報(1)   •◎健康管理と促進のために献血に行こう!   •◎人脈づくりとは(3)   •◎人脈づくりとは(2)   •◎人脈づくりとは(1)   •◎名刺の管理(4)   •◎名刺の管理(3)   •◎名刺の管理(2)   •◎名刺の管理(1)   •◎行動力の原点   •◎プレゼンと講義との共通点   •◎業界外の人脈の形成(2)   •◎業界外の人脈の形成(1)   •◎ビジネスコンプライアンス検定について(3)   •◎ビジネスコンプライアンス検定について(2)   •◎ビジネスコンプライアンス検定について(1)   •◎業界の特殊用語   •◎35歳能力ピーク説2   •◎35歳能力ピーク説1   •◎自己紹介とは   •◎キャリアターゲット   •◎速読   •◎ディベート   •◎図解の訓練   •◎手帳2   •◎手帳   •◎名刺の受け渡し   •◎企画力   •◎ビジネスマンとして大成するために  

天職

◎余計なモノコトをそぎ落とす   •◎早くない友人の独立・その後(2/2)   •◎早くない友人の独立・その後(1/2)   •◎複数の仕事の中において天職を得ること(2/2)   •◎複数の仕事の中において天職を得ること(1/2)   •◎ひとつの大きな仕事を終えて(4/4)   •◎ひとつの大きな仕事を終えて(3/4)   •◎ひとつの大きな仕事を終えて(2/4)   •◎ひとつの大きな仕事を終えて(1/4)   •◎早くはない友人の独立   •◎考えていない17歳は標準的なのかも   •◎失敗に対する心構えと行動力との関係(3/3)   •◎失敗に対する心構えと行動力との関係(2/3)   •◎失敗に対する心構えと行動力との関係(1/3)   •◎狭き門を突破するには   •◎行動の源泉は何か   •◎これからはXXの時代だ、という言葉(2/2)   •◎これからはXXの時代だ、という言葉(1/2)   •◎本との出会いは運次第だが(2/2)   •◎本との出会いは運次第だが(1/2)   •◎生き方を確認したい年代(2/2)   •◎生き方を確認したい年代(1/2)   •◎自分の失敗経験は他人に役立つのか   •◎働く目的に関する寓話   •◎年齢に合わせたシフト   •◎意欲を奪われる環境とその原因(2/2)   •◎意欲を奪われる環境とその原因(1/2)   •◎才能を自ら見極めるタイミングとは   •◎得意技を活かせるフィールドの選択   •◎やりたいことの本気度を探る   •◎潰れたり潰されそうになったときに必要な能力   •◎幼少期に好きだったことを仕事にした場合   •◎いつ出会えるか分からないけれど   •◎大学講師の経験が活きた瞬間   •◎資格にとらわれていないか   •◎思わぬ事態への対応力   •◎安定か挑戦か   •◎笑顔との関係   •◎他人の役に立てなければ稼げない   •◎視野の広さとの関係   •◎暇と多忙との狭間で考えたこと   •◎直観と行動の結果   •◎安定を求める心とチャレンジの心   •◎分かって貰える人がいた嬉しさ   •◎十代から変わらない考え方   •◎慧眼について   •◎見失ってはいないが行動が伴わない時期   •◎先人がいない分野   •◎自信を失った時の拠り所   •◎やりたいこと/やれること/ニーズ   •◎目指すべきことのひとつ   •◎七夕の短冊を眺めて   •◎やりたい事>残りの人生   •◎「悔い無し」と言える生き方   •◎「不景気」という言葉   •◎志を磨く   •◎先苦者   •◎無邪気さ   •◎同志がいなくなる寂しさ   •◎同級生自慢   •◎欠点を特徴と解釈する   •◎開業する弁護士さんの動機   •◎あの辛かった経験がもう一度あったら   •◎知人の急逝に思うこと   •◎辞めるのは止められない   •◎恩師の生き様   •◎Never Say Urayamasii   •◎運の正体   •◎善いプレッシャー   •◎継続される自分らしさ   •◎夢を見続ける力   •◎与えられる試練   •◎マズローの欲求五段階   •◎高校1年生の「職業を知るセミナー」(2/2)   •◎高校1年生の「職業を知るセミナー」(1/2)   •◎人的ネットワークという付加価値   •◎天職の定義   •◎出会うために   •◎天職を探す活動は孤独   •◎高校生による職業インタビュー   •◎運転手さん   •◎疑問に対する麻痺   •◎鍛えておくべきは   •◎インターンシップの受け入れ(2)   •◎インターンシップの受け入れ(1)   •◎就社を拒んで選んだ道   •◎人と接する仕事(2)   •◎人と接する仕事(1)   •◎逃げても追いかけてくる課題   •◎天職に就くことができさえすれば   •◎くだを巻く   •◎救命法体験のお話(3)   •◎救命法体験のお話(2)   •◎救命法体験のお話(1)   •◎ポスドク問題の一面に触れて   •◎求め続けること(5)   •◎求め続けること(4)   •◎求め続けること(3)   •◎求め続けること(2)   •◎求め続けること(1)   •◎社内資格について(3)   •◎社内資格について(2)   •◎社内資格について(1)   •◎知財業界で大きく稼げる人(4)   •◎知財業界で大きく稼げる人(3)   •◎知財業界で大きく稼げる人(2)   •◎知財業界で大きく稼げる人(1)   •◎就職三年目(2)   •◎就職三年目(1)   •◎天職探しと職業の創造   •◎転職シミュレーションの勧め(6)   •◎転職シミュレーションの勧め(5)   •◎転職シミュレーションの勧め(4)   •◎転職シミュレーションの勧め(3)   •◎転職シミュレーションの勧め(2)   •◎転職シミュレーションの勧め(1)  

知財コンサルティングについて

◎知財に関して行動してくれる経営者は一握り   •◎セミナー受講のプロについて(2/2)   •◎セミナー受講のプロについて(1/2)   •◎「数を出す」を目の当たりにする   •◎セミナー講師は割に合うのか?(3/3)   •◎セミナー講師は割に合うのか?(2/3)   •◎セミナー講師は割に合うのか?(1/3)   •◎セミナーにおける新たなテーマへの挑戦(2/2)   •◎セミナーにおける新たなテーマへの挑戦(1/2)   •◎こちらが思うほど重要と感じていない   •◎特許公報はリクルート・ツール   •◎ヘルメットをかぶって現場へ(2/2)   •◎ヘルメットをかぶって現場へ(1/2)   •◎知財実務という生活習慣病(5/5)   •◎知財実務という生活習慣病(4/5)   •◎知財実務という生活習慣病(3/5)   •◎知財実務という生活習慣病(2/5)   •◎知財実務という生活習慣病(1/5)   •◎メンターになれるか   •◎素直さの基礎作り   •◎ヒアリングについての工夫   •◎理不尽に慣れていない   •◎ポリシー曲げても信頼勝ち取る   •◎社員からも信頼を得る難しさ(2/2)   •◎社員からも信頼を得る難しさ(1/2)   •◎一を聞いたら十気付く   •◎酒やカラオケをバカにするのはどうかと思う   •◎特殊分野への精通と孤独   •◎エコノミックアニマルの気質   •◎具体的な相談を機会として   •◎異業種や近接業種の方々から学ぶコツ   •◎『相性」を考える   •◎長期プロジェクトの終了(2/2)   •◎長期プロジェクトの終了(1/2)   •◎マーケティング分析を織り込んだパテントマップ   •◎「未利用特許の活用」という報道について(2/2)   •◎「未利用特許の活用」という報道について(1/2)   •◎その人だけの武器は何か   •◎他人の評価ではなく自分の眼で   •◎言い方を変える能力   •◎現場で鍛えて裏側から考える   •◎事業承継の専門家からお聞きした話   •◎お互いの前提を確認する大切さ(2/2)   •◎お互いの前提を確認する大切さ(1/2)   •◎大学での授業ネタが活きる   •◎一人前のビジネスマンであることが前提   •◎デザイナーさんの心を掴めた瞬間   •◎現場を疑似体験するための試験挑戦   •◎ルールの位置づけ(4/4)   •◎ルールの位置づけ(3/4)   •◎ルールの位置づけ(2/4)   •◎ルールの位置づけ(1/4)   •◎報奨金より効果のあるモチベーションアップ術   •◎担当者の責任範囲   •◎同業者の講義と異業種の方の講義   •◎自分の個性が明確か?   •◎支援先企業への事後ヒアリング   •◎実現!特許マップ作成の指導   •◎地域ブランド育成における失敗分析(番外編)   •◎地域ブランド育成における失敗分析(6/6)   •◎地域ブランド育成における失敗分析(5/6)   •◎地域ブランド育成における失敗分析(4/6)   •◎地域ブランド育成における失敗分析(3/6)   •◎地域ブランド育成における失敗分析(2/6)   •◎地域ブランド育成における失敗分析(1/6)   •◎人前で緊張しないスキル(2/2)   •◎人前で緊張しないスキル(1/2)   •◎組織の理念と自分の理念   •◎情報発信継続の意義   •◎保険営業から学びたい   •◎視野を広げられる年齢の上限   •◎特許マップの難しさ   •◎組織を変えられる提案力(2/2)   •◎組織を変えられる提案力(1/2)   •◎経験×考察×伝え方   •◎意外にも説得力を発揮した言葉   •◎先走っての失敗   •◎ちょっと調査してみてよと依頼される信頼関係   •◎特許権利者による公を思う気持ち   •◎インストラクティング・スキルの重要性   •◎相手のことを思う余裕   •◎分かりやすい数字を挙げるということ   •◎自分で紡ぎ出した言葉こそ(2/2)   •◎自分で紡ぎ出した言葉こそ(1/2)   •◎「知財コンサルティング」を書き言葉でどう説明するのか   •◎根気強さ   •◎ネガティブな見解への対価   •◎企業内研修の講師という仕事(2/2)   •◎企業内研修の講師という仕事(1/2)   •◎「権利化業務」と「それ以外」における仕事の質の違い(3/3)   •◎「権利化業務」と「それ以外」における仕事の質の違い(2/3)   •◎「権利化業務」と「それ以外」における仕事の質の違い(1/3)   •◎VC出身の役員さんによる視点   •◎尖っているだけではダメ   •◎知財功労賞パーティー   •◎聞きたいようにしか聞いてもらえない   •◎ご要望には応えたのだけれど   •◎お役に立つことが先決   •◎どういう場面で呼ばれるネーミングなのか   •◎審判に合わせよう   •◎製品コンセプトの言語化アシスト   •◎地方大学との共同研究(2/2)   •◎地方大学との共同研究(1/2)   •◎個人発明家の特許の売買   •◎現場に適した発信   •◎ 講師業のブラッシュアップ   •◎商標出願後の商号登記   •◎音声コンテンツの作成   •◎企業内研修の講師経験   •◎商品とは製品+利益である   •◎特許権の売買(失敗事例2/2)   •◎特許権の売買(失敗事例1/2)   •◎本当のニーズ   •◎業界素人の貢献   •◎ボトムアップ作戦   •◎知財創造へのヒント   •◎経営に資する知財という仕事をするための基本スキル   •◎実ビジネスへのコミット   •◎創業社長の思い   •◎研究者による特許の換金   •◎対人感度   •◎特許明細書の作成スキルで足りるのか(3)   •◎特許明細書の作成スキルで足りるのか(2)   •◎特許明細書の作成スキルで足りるのか(1)   •◎弁理士のコアコンピタンスとは何か(4)   •◎弁理士のコアコンピタンスとは何か(3)   •◎弁理士のコアコンピタンスとは何か(2)   •◎弁理士のコアコンピタンスとは何か(1)   •◎特産品のレシピ   •◎管理は営業力を削ぐ   •◎正攻法と裏技   •◎企画力、折衝力の例   •◎経験や実績を積むとともに   •◎思考停止の例   •◎叱られたいお客様と仕事モード   •◎中小メーカはサービス業へ   •◎考え方の変化しない社長   •◎土生哲也さんの最新著書を読んで感じたこと   •◎活用格差(2/2)   •◎活用格差(1/2)   •◎趣味とビジネスとの違い   •◎ご指名を頂戴しまして   •◎アイディア出すためにアイツを呼べ   •◎プロセス・コンサルティングの効果   •◎町医者と専門医のたとえ(2)   •◎町医者と専門医のたとえ(1)   •◎喜ばれるコンサルティング   •◎喜ばれなかった場合   •◎コンサルティングの喜び   •◎一を聞いたら十を知る、という姿勢(2)   •◎一を聞いたら十を知る、という姿勢(1)   •◎どうやるのか、よりも大事なこと   •◎教える、ということではない   •◎傾き始めてから出来ること   •◎警戒され嫌われること   •◎キャッチコピーの依頼   •◎貴重なアドバイスは実感して至言となる   •◎中小企業診断士の資格取得について(2)   •◎中小企業診断士の資格取得について(1)   •◎現場での知的資産に関する気づき   •◎長時間のコミュニケーション(2)   •◎長時間のコミュニケーション(1)   •◎勉強になりました、の先へ   •◎コンサルティングにおける心掛け   •◎批判や評論よりも実践(追記)   •◎批判や評論よりも実践   •◎SEの力をそぐ上司   •◎「私は」で始まる文章100   •◎妄想する能力(妄想力)   •◎事例公表を経て   •◎展示会を歩くこと   •◎若さではなく柔軟性   •◎提案営業での失敗例(他人のフリ見て)   •◎『教育』における教:育は?   •◎必須の基礎力   •◎知財活動にて成果を得られそうな課題   •◎試供品の提供   •◎組織維持の辛さ   •◎案件ではなく「ヒト」が対象(3)   •◎案件ではなく「ヒト」が対象(2)   •◎案件ではなく「ヒト」が対象(1)   •◎経営者の直観   •◎良い点を見いだす   •◎非定型の仕事   •◎知財を経営に取り入れた理由は   •◎確立した手法と新たな手法との両立   •◎コンテンツを受け取る人は?   •◎クライアントとして想定されているのは   •◎社内セミナー講師の打診   •◎ある笑い話から(2)   •◎ある笑い話から(1)   •◎セミナー講師で疲れる理由   •◎無いモノねだり   •◎演習セミナーの撮影   •◎商標の採択に対するアドバイス(2)   •◎商標の採択に対するアドバイス(1)   •◎有限会社夢屋・設立満十年のご挨拶   •◎一緒に考える   •◎「本題」に入る前の相談事(2)   •◎「本題」に入る前の相談事(1)   •◎出願の目的を聞いたつもりが(フィクション)   •◎ある電話での会話(その後)   •◎ある電話での会話(フィクション)   •◎社内幹部へのセミナー講師の経験(2)   •◎社内幹部へのセミナー講師の経験(1)   •◎知財戦略コンサルティングシンポジウム2008(4)   •◎知財戦略コンサルティングシンポジウム2008(3)   •◎知財戦略コンサルティングシンポジウム2008(2)   •◎知財戦略コンサルティングシンポジウム2008(1)   •◎特許創出セミナー(5)   •◎特許創出セミナー(4)   •◎特許創出セミナー(3)   •◎特許創出セミナー(2)   •◎特許創出セミナー(6)   •◎特許創出セミナー(1)   •◎特許マップ作成セミナーの準備(5)   •◎特許マップ作成セミナーの準備(4)   •◎特許マップ作成セミナーの準備(3)   •◎特許マップ作成セミナーの準備(2)   •◎特許マップ作成セミナーの準備(1)   •◎ウサギ関連法に知財戦略(2)   •◎ウサギ関連法に知財戦略(1)   •◎樹研工業(株)に学ぶ知財戦略(2)   •◎樹研工業(株)に学ぶ知財戦略(1)   •◎太陽パーツ(株)に学ぶ知財戦略(3)   •◎太陽パーツ(株)に学ぶ知財戦略(2)   •◎太陽パーツ(株)に学ぶ知財戦略(1)   •◎未来工業(株)に学ぶ知財戦略   •◎イチゴに学ぶ知財戦略(3)   •◎イチゴに学ぶ知財戦略(2)   •◎イチゴに学ぶ知財戦略(1)   •◎パテントマップについて(10)   •◎パテントマップについて(9)   •◎パテントマップについて(8)   •◎パテントマップについて(7)   •◎パテントマップについて(6)   •◎パテントマップについて(5)   •◎パテントマップについて(4)   •◎パテントマップについて(3)   •◎パテントマップについて(2)   •◎パテントマップについて(1)   •◎特許の価値評価(5)   •◎特許の価値評価(4)   •◎特許の価値評価(3)   •◎特許の価値評価(2)   •◎特許の価値評価(1)   •◎コンサルティング手法の違い   •◎うける言葉/うけない言葉   •◎クレーム   •◎発明を産み出す人   •◎職務発明制度の導入(3)   •◎職務発明制度の導入(2)   •◎職務発明制度の導入(1)   •◎製品と商品   •◎気づきについて   •◎出願の効果   •◎解決すべき課題   •◎なぜ後手になるのか  

知財実務についての雑感

◎良い時期のうちに対策しておけ   •◎発明の完成に対するサポートの前提としての経験   •◎強引な値下げ要求との闘い(2/2)   •◎強引な値下げ要求との闘い(1/2)   •◎「後出しじゃんけん」という例え話   •◎契約における想定とセカンドオピニオン   •◎手続スケジュールの説明   •◎社会インフラに関するアイディアを相談されて   •◎「職人的技能」の継承について(4/4)   •◎「職人的技能」の継承について(3/4)   •◎「職人的技能」の継承について(2/4)   •◎「職人的技能」の継承について(1/4)   •◎同じ質問に答え続けること   •◎マネジャーやディレクタといったポジション   •◎成功できない人は計画書を書けない   •◎大学での講義との両立   •◎ホームページでは依頼者から見えないこと   •◎公共施設のトイレに潜在していたニーズ   •◎叩き台を作る役と叩く役   •◎工場を案内して下さる発明者   •◎政治スローガンを真似されたくないのですが   •◎真似されるから出願したくない   •◎発明者に外国でのニーズまで分かるのか   •◎特許を使った先読みサイト   •◎既存ソフトウェアと新たな発明との関係   •◎分かりにくいメール文面から考えたこと   •◎ソフトウェア発明が解決しようとする課題について(2/2)   •◎ソフトウェア発明が解決しようとする課題について(1/2)   •◎個人発明家の未完成発明   •◎ポイントを掴めないままの受任   •◎無かったことにはできないという覚悟   •◎修正できない一発勝負   •◎そのうち分かるというアドバイスに耐える   •◎共同出願先の仲違い   •◎現場に気遣う知財部門から来た仕事   •◎論文で防衛できる範囲の広狭   •◎仕事術に関わるセミナーを受講して   •◎相談者の関係者   •◎意志決定者を見誤った事例   •◎共同名義の特許を維持するか否か(2/2)   •◎共同名義の特許を維持するか否か(1/2)   •◎生産方法に関する工夫   •◎解決課題の記載順序は重要な順が良いのか   •◎抽象的な発明を持ち込まれる場合   •◎鋭い指摘とその後の原因探求(続報)   •◎鋭い指摘とその後の原因探求   •◎合格基準をどこに設定するのか   •◎特許事務所の喪中はがきに感じること   •◎専門家に依頼するのはなぜか   •◎妥協できないことが何なのか   •◎事務仕事のIT化議論に参加して   •◎マダマダとソコソコのバランス   •◎幽霊を怖がることなく正体を突き止めよう   •◎経験と先入観   •◎電子メールでの連絡が不能   •◎専門外の論文を客観的な眼で観た経験   •◎業界人の平均年齢とその予測   •◎広い特許の区分?   •◎知財キャリアプランとマーケティング能力(6/6)   •◎知財キャリアプランとマーケティング能力(5/6)   •◎知財キャリアプランとマーケティング能力(4/6)   •◎知財キャリアプランとマーケティング能力(3/6)   •◎知財キャリアプランとマーケティング能力(2/6)   •◎知財キャリアプランとマーケティング能力(1/6)   •◎大学生起業家からの相談   •◎個人発明家さんからの相談をどうこなすか   •◎マニアックな喜び   •◎公的な助成制度の活用について   •◎審査への先入観   •◎悪い点の指摘ばかりだと双方が疲れる   •◎作成書類のチェックは日を空けて   •◎一文が長くなる癖(が直らない理由の探求)(2/2)   •◎一文が長くなる癖(が直らない理由の探求)(1/2)   •◎審査官の審査ポリシー(に微差あり)   •◎知的財産の便利屋   •◎特許の価値評価というビジネスの評価   •◎特許の価格評価(の難しさ)   •◎「に」と「へ」なら「へ」をもっと使いませんか   •◎発明者とその上司との見解相違   •◎久しぶりの問い合わせ   •◎自分さえ分かれば良いという資料   •◎後輩育成への関心度   •◎商品購入者の目線   •◎「特許出願中」を真似して良いの?という質問   •◎特許は分け与えてこそ(2/2)   •◎特許は分け与えてこそ(1/2)   •◎衰えをカバーする工夫   •◎相談者の年齢と自分の年齢(2/2)   •◎相談者の年齢と自分の年齢(1/2)   •◎特許庁からの請求書って実現しないでしょうか   •◎誰と何の仕事をするのか   •◎真似された相手に対する措置   •◎相手のスピード感に合わせる努力(だけが重要か)   •◎特許の権利範囲と分野   •◎関わった会社の倒産   •◎部下育成という課題について(3/3)   •◎部下育成という課題について(2/3)   •◎部下育成という課題について(1/3)   •◎自分の時間給を意識させる経営者(2/2)   •◎自分の時間給を意識させる経営者(1/2)   •◎手切れ金でしょうかね   •◎後輩を教えるたびに師匠への感謝   •◎先駆的な試みに対するリスペクト   •◎「出願人」の意味   •◎年度末の緊張感   •◎発注受注が健全な関係か   •◎発明者が「孫正義」の特許検索   •◎業界用語たる「出所」   •◎図面から考える   •◎他社特許侵害の懸念   •◎構成と効果の境目   •◎インターネット上の「やらせ」とその予測   •◎タイ焼きなのに「天然物」   •◎公開されないと審査請求できない?   •◎ 特許情報フェア2011を振り返って   •◎「見解」を求められて募るストレス   •◎元々の意味を知ることの意義   •◎中間手続の成功報酬   •◎本を出すということ   •◎補助者の前裁き   •◎セレンディピティと心の健全性   •◎冴えた時間を確保するための必要経費   •◎中村修二教授のおかげ   •◎実務のスキルとマネジメント能力   •◎売りになるスキル   •◎図面作成者へのアドバイスをさせていただいた経験談   •◎経験を補う術はあるのか   •◎病院食の工夫   •◎オレの特許出願は今どうなってるの?   •◎ツイッターとフェイスブックに挑戦   •◎行間を使えているか   •◎一次情報と的確な表現とが役立った経験   •◎ある後輩弁理士の愚痴への返答   •◎「特許明細書の作成支援ソフト」の問い合わせ   •◎真夜中のラブレター   •◎ワンストップ・サービスの本質   •◎人間的成長無くして(2/2)   •◎人間的成長無くして(1/2)   •◎ファブレス企業に必要なスキル   •◎健康診断との類似性   •◎特許査定の見込み有りなのに   •◎広い特許が欲しい   •◎郷に入らば   •◎社長の誤解   •◎打ち合わせの録音   •◎否鮨屋   •◎おすしやさんじゃないよ   •◎返事を待つということ   •◎即独阻止とその決壊   •◎ワンマン会社の見分け方?   •◎便利屋さんと呼ばれた際の協調性   •◎不慣れな仕事   •◎裁判への不信感を持つ権利者   •◎経営者のモチベーション   •◎自社<外国の評価 という発明者   •◎誰に広報するのか   •◎読み易くて見つかりやすい   •◎個人発明家との共同出願   •◎実用新案登録制度への誤解   •◎発明支援ノートで効率アップ(2)   •◎発明支援ノートで効率アップ(1)   •◎説明時間の節約   •◎任期付き審査官との面談   •◎珍発明に思う   •◎転勤先での再打ち合わせ   •◎町医者のたとえは弁理士に通用しないのか   •◎呼ばれて行ったら未完成   •◎社会貢献と照れ隠し   •◎好不調のバロメータ   •◎出願保留の果てに   •◎良いところを見つける   •◎まず手を動かす   •◎必要性を感じた時が手遅れでないならラッキー   •◎社内セミナーの効果実感   •◎理由を伝える大切さ   •◎自分で考える力が要求される中小企業での仕事   •◎丁寧な説明がゆえにギブアップ   •◎出願人と連絡が取れない   •◎発明者の一人を削除したい? ダメです!   •◎無料コンテンツの有料化に伴う付加価値   •◎進歩性の判断を求められる場合   •◎同業者が主催した知財セミナー   •◎お手本にも失敗は存在した   •◎進歩性などの説明   •◎休日出勤に楽しみを   •◎火災報知器が鳴ったとき   •◎私の嫌いな決まり文句   •◎特許明細書の読みやすさ   •◎減縮補正しての権利   •◎発注側の立場から考える機会   •◎課金方法について考える(2)   •◎課金方法について考える   •◎知財の名義変更   •◎出願審査請求制度の説明(2/2)   •◎出願審査請求制度の説明(1/2)   •◎受け継ぐことができない知財   •◎サービスの普及と非独占   •◎誰のための仕事なのか   •◎中小企業への啓発は道半ば   •◎拒絶理由通知に対応   •◎特許のみでは無価値   •◎経営者の忙しさ   •◎電子メールでの議論とその限界   •◎特許を待ち望む人たち   •◎なぜ特許出願をしたのか   •◎滅多にない仕事   •◎特許明細書の作成支援ソフト   •◎使われる身か否か   •◎文化までは真似できない   •◎成長のパートナー   •◎ホンモノ(者)を見極める(2)   •◎ホンモノ(者)を見極める(1)   •◎発明者の積極性   •◎専門家であること(3)   •◎専門家であること(2)   •◎専門家であること(1)   •◎補正の限界   •◎発明届け出書の限界   •◎特許の値段(5)   •◎特許の値段(4)   •◎特許の値段(3)   •◎特許の値段(2)   •◎特許の値段(1)   •◎特許の値段(6)   •◎出過ぎたアドバイス・その後(フィクション)   •◎出過ぎたアドバイス(フィクション)   •◎個人発明家の一般的傾向(2)   •◎個人発明家の一般的傾向(1)   •◎発明の完成と実務   •◎欲しいのは権利ではなく名誉か?   •◎現場に出向く   •◎特許明細書の順番   •◎会社の創造DNA   •◎プレイングマネジャーの限界   •◎PDAに求めること   •◎帰宅難民   •◎税理士さんの業務スタイル   •◎時間の有効活用(3)   •◎釣り竿の用途発明   •◎公的機関の出す資料(2)   •◎公的機関の出す資料(1)   •◎発明のコツ(4)   •◎発明のコツ(3)   •◎発明のコツ(2)   •◎発明のコツ(1)   •◎札幌散策(3)   •◎札幌散策(2)   •◎札幌散策(1)   •◎サッカー4級審判の更新2007   •◎夕張散策(4)   •◎夕張散策(3)   •◎夕張散策(2)   •◎夕張散策(1)   •◎同業者の人脈   •◎メールのタイトルからの反応   •◎技術進歩が補うこと   •◎弁理士法の改正に対する思い(2)   •◎弁理士法の改正に対する思い(1)   •◎反省が生む発想(3)   •◎反省が生む発想(2)   •◎反省が生む発想(1)   •◎新規性の実践(の難しさ)   •◎弁理士の身分証明書(4)   •◎弁理士の身分証明書(3)   •◎弁理士の身分証明書(2)   •◎弁理士の身分証明書(1)   •◎仮面ライダーに学ぶ知財戦略(3)   •◎仮面ライダーに学ぶ知財戦略(3)   •◎仮面ライダーに学ぶ知財戦略(2)   •◎仮面ライダーに学ぶ知財戦略(1)   •◎発明者は一人のほうがお得?   •◎審査請求制度を考える   •◎法の無知は救えない   •◎的確なネーミング   •◎発明の抽出(2)   •◎発明の抽出(1)   •◎フェアトレード(3)   •◎フェアトレード(2)   •◎フェアトレード(1)   •◎売買目的の商標登録(3)   •◎売買目的の商標登録(2)   •◎売買目的の商標登録(1)   •◎常識と非常識   •◎キャッチフレーズを振り返る(2)   •◎キャッチフレーズを振り返る(1)   •◎『弁理志』を目指す   •◎グーグルは何を目的に?   •◎明日の保険よりも今日の晩飯   •◎ギャップを埋める   •◎ジェネレーションギャップ!   •◎優れた技術とは   •◎お米の生産量とブランド   •◎携帯電話は何の役?   •◎農産物品種登録について   •◎特許創造のアシスト業務(3)   •◎特許創造のアシスト業務(2)   •◎特許創造のアシスト業務(1)   •◎特許情報フェアを見学して   •◎ヒット商品の肝はどこに?   •◎商標に関する一般的勘違い   •◎ビジネスモデル特許についての説明   •◎『千円札は拾うな』より(3)   •◎『千円札は拾うな』より(2)   •◎『千円札は拾うな』より(1)   •◎水の補給   •◎10年後の知財業界を考える(2)   •◎10年後の知財業界を考える(1)   •◎なぜ出願するのか(2)   •◎なぜ出願するのか(1)   •◎発明者とのコミュニケーション能力について   •◎特許業界用語辞典について   •◎地域中小企業知的財産戦略支援事業(3)   •◎地域中小企業知的財産戦略支援事業(2)   •◎地域中小企業知的財産戦略支援事業(1)   •◎発明者による記載   •◎仕事における瞬発力   •◎翻訳文   •◎30条の適用   •◎趣味と一致した仕事   •◎冴えた時間   •◎仕事のミスの原因   •◎仕事の原点(この仕事は二次産業か)   •◎自分との闘い(知財実務編2)   •◎自分との闘い(知財実務編1)   •◎論文試験における「趣旨」2   •◎新規性と新奇性   •◎特許明細書の作成という仕事  

知財実務/商標編

◎地域団体商標をめぐる議論   •◎調査対象と異なる出願依頼   •◎専門外の経験を気付きながら積む   •◎連絡が取れなくなった社長さんは今   •◎担当者が理論的な学びをしてくれるか否か   •◎侵害行為を放っておくという選択とそのリスク   •◎名前ランキングに思うこと   •◎審査官に提示された補正案   •◎お土産をきっかけに   •◎悪魔の立証 について   •◎なくなってしまった社名に類似したマーク   •◎本ブログで時事問題を避けている理由(2/2)   •◎本ブログで時事問題を避けている理由(1/2)   •◎拒絶されても良い出願   •◎出願が遅れる組織的な原因   •◎ネーミングどころか図案まで   •◎普通名称か否かは誰が決めるのか   •◎中途半端な知識による自縛   •◎有名になりたい   •◎請求書に支払期限を記載すること   •◎商標はネーミングではなくマークであることを伝える手法   •◎面識のない方へ質問をすること   •◎商標の定義を伝える(ことの難しさ)   •◎経過を残すことの難しさ   •◎予算が決まった状態での実務   •◎セカンドオピニオンを無料相談へ   •◎商品との関係を見落としたニュース   •◎社名とその略称   •◎商標使用者の自己責任   •◎3条拒絶ならok   •◎新聞報道と実感のギャップ(2/2)   •◎新聞報道と実感のギャップ(1/2)   •◎デザイナーさんの言い分を受け止める   •◎商標登録証が偽造された事件   •◎「シリーズもの」に関する実務的失敗   •◎ネーミング相談お引き受けします   •◎登録商標を取得する真意   •◎実用新案か商標かの選択?   •◎社内では忘れられる登録の経緯   •◎更新申請の理由   •◎手っ取り早く商標登録したい   •◎普通名称を使いたがる現場   • ◎現場を支援する仕事ができているか   •◎流行語と実務   •◎模倣のバリエーションは無限   •◎商標の新規性   •◎啓発活動とそのフォロー   •◎ネタになるブランド   •◎サラリーマン感覚からの脱却   •◎ネーミングの登録制度じゃないんだってば   •◎マスメディアに頼りたい   •◎自分の中の著名商標   •◎立体商標と意匠の区別   •◎「渇き」って何のカワキ?   •◎「介の字貼り」に学ぶ   •◎社長命令とその後   •◎二段併記商標   •◎おいしさの秘密   •◎商標採択の指針   •◎アドバイスをすべきか否か   •◎登録に持って行くのがお前の仕事だろ?!   •◎繰り返される誤解を何とかしたい   •◎普通名称を登録したい? やめとけ!   •◎これ、そんな読み方だったの?   •◎またもや「ネーミング登録」という誤解   •◎例外事項はレアケース   •◎五輪マークの商標出願   •◎出願は早い者勝ちか   •◎わかりにくいこと   •◎立場変われば(2)   •◎立場変われば   •◎言葉の独占   •◎鈍っていた感覚   •◎一般常識の誤解を解く(4)   •◎一般常識の誤解を解く(3)   •◎一般常識の誤解を解く(2)   •◎一般常識の誤解を解く(1)  

知的財産の勉強法

◎中小企業の技術流出とその抑制策について   •◎職務発明制度の改正議論に一言   •◎私が考える「知的財産制度」   •◎大学院で再び   •◎独占とはけしからん、という誤解   •◎大学へのシラバス提出   •◎12歳のハローワーク   •◎知識と組織における立場   •◎ベンチャー企業で特許が役立った話   •◎大学における実務家講座   •◎無効となる特許に対する特許庁の責任   •◎著作権法は学びにくい   •◎自炊業者の提訴の事件から   •◎当たり前と思える条文の存在理由   •◎もっと勉強したいという気持ちの喚起   •◎企業弁理士の所属部署名の変遷   •◎正確さと分かりやすさ   •◎倫理研修を受講して   •◎アカデミック・フリーダム   •◎何に活かすための研修か   •◎初めて学ぶ頃に躓きやすいこと   •◎尊敬の対象   •◎eラーニングの限界   •◎知財学会での座長   •◎商品の価格決定力と特許の存在   •◎使える知識にするには   •◎大学院講師6年目   •◎特許庁審査官は独立行政機関   •◎コンテンツ提供者が求めるモノ   •◎コンテンツに対する投資とその回収   •◎勉強へのモチベーション   •◎特許法の正しい理解   •◎理由を考えよ   •◎本当に高校生の宿題?   •◎小学生の絵の展示   •◎商標に新規性は不要   •◎一度に詰め込んでの誤解   •◎社内合宿研修の外部講師   •◎条文のタイトル   •◎想像力   •◎勉強する環境とその空気   •◎著作物の作成における注意点(2)   •◎著作物の作成における注意点(1)   •◎検索手法の体得は効果抜群   •◎セミナーの参加者も著作者の一人か?   •◎教科書に書かれている事柄からの想像力   •◎「権利」とは行使するもの   •◎理解のための暗記   •◎「常識問題」の「常識」を身に付けるには   •◎先使用権による抗弁   •◎理解が遅い人のメリット   •◎知財の価値を考える事例(4)   •◎知財の価値を考える事例(3)   •◎知財の価値を考える事例(2)   •◎知財の価値を考える事例(1)   •◎笑い話で愉しく(2)   •◎笑い話で愉しく   •◎文化を考える   •◎知財教育の一環として   •◎著作権法は捨てる?   •◎包括的で漏れのない円滑な保護   •◎アウトプットの重要性   •◎サッカー4級審判の更新試験   •◎ゼロからの勉強   •◎勉強への動機付け(6)   •◎勉強への動機付け(5)   •◎勉強への動機付け(4)   •◎勉強への動機付け(3)   •◎勉強への動機付け(2)   •◎勉強への動機付け(1)   •◎計画の修正と達成感   •◎サッカー審判試験との比較   •◎分からない箇所を飛ばすというテクニック   •◎条文の順番   •◎第三者   •◎審査基準とは何か(2)   •◎審査基準とは何か   •◎特許法の原点   •◎自分との闘い(勉強編2)   •◎自分との闘い(勉強編1)   •◎論文試験における「趣旨」   •◎制度名の誤訳   •◎特許法は誰を保護しているのか?  

弁理士試験

◎条文を頭の中で検索できる   •◎真の意味を体感する恐ろしさ   •◎「人間」を学んで「縁」を大切に   •◎合格者の戯言を切り捨てる能力   •◎指導者劣化と判断力の鍛錬(2/2)   •◎指導者劣化と判断力の鍛錬(1/2)   •◎時間のある学生は有利か   •◎司法試験からの流れ   •◎商標に弱いという受験生の傾向   •◎三次試験の対策は早めに、の具体例   •◎商標法51,53条は不正使用取消審判でした   •◎意匠法の保護対象は?   •◎パリ条約4条の2   •◎意匠法の保護対象は?   •◎試験勉強で失ったモノへの欠乏感   •◎自分のレベルに合わない講義を聞く場面にて   •◎実務からの理由付けは正解か   •◎科目毎の判定結果が悪くなかったとしても   •◎ジンクスの準備   •◎具体的な事例   •◎試験問題の作成   •◎ことわりをわきまえるさむらいの試験   •◎本試験では出題されない問題は無意味か   •◎試験準備をするための空間   •◎知財コンサルタントを目指すなら   •◎受験応援グッズ   •◎伸び代(のびしろ)について   •◎責任回避のスタンスだった時代を思い出して   •◎なぜ試験問題に実務を問えないのか   •◎物品の本質は「機能」にある   •◎見たくないモノ   •◎論文準備と日常業務のリンク   •◎書面主義とは何か(2)   •◎書面主義とは何か(1)   •◎理由付けは実務に役立つ   •◎不当使用取り消し審判   •◎適応障害を防ぐ勉強をしよう   •◎実務上は稀な制度(2)   •◎実務上は稀な制度(1)   •◎聞きたくないことを聞く耳があるか   •◎特許事務所業界の源泉とは(5)   •◎特許事務所業界の源泉とは(4)   •◎特許事務所業界の源泉とは(3)   •◎特許事務所業界の源泉とは(2)   •◎合格後の世界・・・特許事務所業界の源泉とは(1)   •◎弁理士法の改正(4)   •◎弁理士法の改正(3)   •◎弁理士法の改正(2)   •◎弁理士法の改正(1)   •◎題意把握   •◎勉強のノルマ   •◎ケアレスミス   •◎ペースメーカ(2)   •◎ペースメーカ(1)   •◎一点突破   •◎暗記が苦手   •◎本番に強くなる方法   •◎弁理士試験の試験委員について   •◎特許法30条の落とし穴(無料レポート)   •◎勉強時間と頭の良さ   •◎誰が合格したか   •◎弁理士予備校のパンフレット(3)   •◎弁理士予備校のパンフレット(2)   •◎弁理士予備校のパンフレット(1)   •◎長男型/次男型   •◎オフシーズンについて   •◎弁理士試験:二次試験とは何か(4)   •◎弁理士試験:二次試験とは何か(3)   •◎弁理士試験:二次試験とは何か(2)   •◎弁理士試験:二次試験とは何か(1)   •◎弁理士試験:一次試験に落ちてしまった方へ   •◎弁理士試験:一次試験の突破法(無料レポート)  

知的財産検定

◎合格への逆算スケジュール   •◎合格ライン突破のために   •◎合格者6割とその反省   •◎受講者が集まらず中止   •◎半端な知識では使えない   •◎マネジャー層に求められる資格ランキング   •◎入社3年目までに必要な資格ランキング   •◎失敗を極端に恐れる現在の大学生   •◎先生は何級ですか?   •◎大学のキャリアサポートセンターでの講義   •◎教科書とメリハリ   •◎「学科試験」と「実技試験」の違い   •◎コンテンツ産業を重視の傾向   •◎通信講座のご案内(知的財産管理技能検定2級)   •◎知的財産管理技能検定3級テキスト・改訂   •◎第一回試験問題を入手   •◎知的財産管理技能検定3級テキストの目次   •◎知的財産管理技能検定   •◎公務員への広がり   •◎知的財産検定1級対策のご要望と一つの答え   •◎知財検定セミナー受講の効果について   •◎知財検定セミナー受講の効果に関する質問の真意   •◎知財検定対策セミナーを終えて   •◎知的財産検定セミナー当日(4)   •◎知的財産検定セミナー当日(3)   •◎知的財産検定セミナー当日(2)   •◎知的財産検定セミナー当日(1)   •◎知財検定2級対策:合格のコツ   •◎セミナー講師の緊張感   •◎知財検定セミナー会場の雰囲気   •◎次から次へと不正競争行為   •◎法改正のたびに条文が増加   •◎知らないことに出くわした場合   •◎各法の限界・その2   •◎各法の限界・その1   •◎著作権法を学ぶ際の壁・その2   •◎著作権法を学ぶ際の壁・その1   •◎30条は例外規定   •◎守秘義務契約への勇気   •◎発明者の外国における特許を受ける権利   •◎本当の発明者   •◎発明の完成度  

インターネットビジネス法

◎インターネットビジネス法(21)   •◎インターネットビジネス法(20)   •◎インターネットビジネス法(19)   •◎インターネットビジネス法(18)   •◎インターネットビジネス法(17)   •◎インターネットビジネス法(16)   •◎インターネットビジネス法(15)   •◎インターネットビジネス法(14)   •◎インターネットビジネス法(13)   •◎インターネットビジネス法(12)   •◎インターネットビジネス法(11)   •◎インターネットビジネス法(10)   •◎インターネットビジネス法(9)   •◎インターネットビジネス法(8)   •◎インターネットビジネス法(7)   •◎インターネットビジネス法(6)   •◎インターネットビジネス法(5)   •◎インターネットビジネス法(4)   •◎インターネットビジネス法(3)   •◎インターネットビジネス法(2)   •◎インターネットビジネス法(1)   •◎インターネットビジネス法(趣旨)  

大学発明を支えるリクルート

◎大学発明を支えるリクルート社のアソシエイト 第十一回   •◎大学発明を支えるリクルート社のアソシエイト 第十回   •◎大学発明を支えるリクルート社のアソシエイト 第九回   •◎大学発明を支えるリクルート社のアソシエイト 第八回   •◎大学発明を支えるリクルート社のアソシエイト 第七回   •◎大学発明を支えるリクルート社のアソシエイト 第六回   •◎大学発明を支えるリクルート社のアソシエイト 第五回   •◎大学発明を支えるリクルート社のアソシエイト 第四回   •◎大学発明を支えるリクルート社のアソシエイト 第三回   •◎大学発明を支えるリクルート社のアソシエイト 第二回   •◎大学発明を支えるリクルート社のアソシエイト 第一回  

大学における知財教育

◎成長、発展、進化のいずれが欲しいのか   •◎批判の気持ちという先生癖   •◎教える側の立場から「守破離」を考える(2/2)   •◎教える側の立場から「守破離」を考える(1/2)   •◎社会人教育への進出例を体感して(2/2)   •◎社会人教育への進出例を体感して(1/2)   •◎自分の子どもへの教育との関係   •◎大学や専門学校を選ぶきっかけに   •◎必修科目とすべきか、というアンケート   •◎呑み会ではなく食事会   •◎苛立った瞬間を見透かされた体験   •◎押し付けにならないためにどうしたら良いのか   •◎押しつけではなく引き出しているか   •◎表情に乏しい自分(2/2)   •◎表情に乏しい自分(1/2)   •◎アンケートによるその日のおさらい   •◎クォーター制の導入   •◎アントレ大学院・十周年   •◎配付資料の見直し機会   •◎授業法の互学互習   •◎小テストからアンケートへ   •◎学生の出欠管理の厳格化   •◎もうすぐ大学生となる世代   •◎生徒さんに助けられながら   •◎憧れの人は誰ですか   •◎学習意欲が沸いてくる時   •◎皆の前で発言できない大学生   •◎小学6年生発明工作教室にて考えたこと   •◎非常勤講師の立場だから見聞き発言できること   •◎管理ではなく創造のエンジンとしての知財   •◎私語をする学生との向き合い方   •◎学生に教授する技術が無い場合の悲劇(2/2)   •◎学生に教授する技術が無い場合の悲劇(1/2)   •◎まずはコミュニケーション能力   •◎車離れの実態   •◎学習者との年齢差   •◎他の関連項目との連携   •◎大学における知財教育 第三十四回   •◎大学における知財教育 第三十三回   •◎大学における知財教育 第三十二回   •◎大学における知財教育 第三十一回   •◎大学における知財教育 第三十回   •◎大学における知財教育 第二十九回   •◎大学における知財教育 第二十八回   •◎大学における知財教育 第二十七回   •◎大学における知財教育 第二十六回   •◎大学における知財教育 第二十五回   •◎大学における知財教育 第二十四回   •◎大学における知財教育 第二十三回   •◎大学における知財教育 第二十二回   •◎大学における知財教育 第二十一回   •◎大学における知財教育 第二十回   •◎大学における知財教育 第十九回   •◎大学における知財教育 第十八回   •◎大学における知財教育 第十七回   •◎大学における知財教育 第十六回   •◎大学における知財教育 第十五回   •◎大学における知財教育 第十四回   •◎大学における知財教育 第十三回   •◎大学における知財教育 第十二回   •◎大学における知財教育 第十一回   •◎大学における知財教育 第十回   •◎大学における知財教育 第九回   •◎大学における知財教育 第八回   •◎大学における知財教育 第七回   •◎大学における知財教育 第六回   •◎大学における知財教育 第五回   •◎大学における知財教育 第四回   •◎大学における知財教育 第三回   •◎大学における知財教育 第二回   •◎大学における知財教育 第一回   •◎大学における知財教育 目次  

パテント交渉学

◎ゲスト講師T先生をお招きして   •◎自分の決定と責任感   •◎ある三者交渉の体験(2/2)   •◎ある三者交渉の体験(1/2)   •◎タフネゴシエータは温和で恐×家   •◎意志決定者を見誤った事例   •◎弁護士との顧問契約をした社長のぼやき   •◎弁護士(弁理士)なのに   •◎異なる性格のメンバーによる交渉チーム   •◎部外者による破壊行為   •◎専門外である不安よりも直感の後押し   •◎間に入る役のか、一方の代理人なのか(2/2)   •◎間に入る役のか、一方の代理人なのか(1/2)   •◎契約実務との関係   •◎タフネゴシエータの難敵   •◎教える技術との関連   •◎自分の武器を上手に使うビジネスウーマン   •◎情熱という推進力   •◎成功へ導くクリエイティビリティ   •◎リーガル抜きで話し合いましょう   •◎外国からの輸入品   •◎交渉で 知財戦略 すべてパー(追記)   •◎交渉で 知財戦略 すべてパー(終)   •◎交渉で 知財戦略 すべてパー(13)   •◎交渉で 知財戦略 すべてパー(12)   •◎交渉で 知財戦略 すべてパー(11)   •◎交渉で 知財戦略 すべてパー(10)   •◎交渉で 知財戦略 すべてパー(9)   •◎交渉で 知財戦略 すべてパー(8)   •◎交渉で 知財戦略 すべてパー(7)   •◎交渉で 知財戦略 すべてパー(6)   •◎交渉で 知財戦略 すべてパー(5)   •◎交渉で 知財戦略 すべてパー(4)   •◎交渉で 知財戦略 すべてパー(3)   •◎交渉で 知財戦略 すべてパー(2)   •◎交渉で 知財戦略 すべてパー(1)  

知財コンサルティング考察

◎知財コンサルティングに関する考察(20)   •◎知財コンサルティングに関する考察(19)   •◎知財コンサルティングに関する考察(18)   •◎知財コンサルティングに関する考察(17)   •◎知財コンサルティングに関する考察(16)   •◎知財コンサルティングに関する考察(15-2)   •◎知財コンサルティングに関する考察(15-1)   •◎知財コンサルティングに関する考察(14)   •◎知財コンサルティングに関する考察(13)   •◎知財コンサルティングに関する考察(12)   •◎知財コンサルティングに関する考察(11)   •◎知財コンサルティングに関する考察(10)   •◎知財コンサルティングに関する考察(9?2)   •◎知財コンサルティングに関する考察(9?1)   •◎知財コンサルティングに関する考察(8?2)   •◎知財コンサルティングに関する考察(8?1)   •◎知財コンサルティングに関する考察(7)   •◎知財コンサルティングに関する考察(6)   •◎知財コンサルティングに関する考察(5)   •◎知財コンサルティングに関する考察(4)   •◎知財コンサルティングに関する考察(3)   •◎知財コンサルティングに関する考察(2?2)   •◎知財コンサルティングに関する考察(2?1)   •◎知財コンサルティングに関する考察(1)  

模倣品対策マニュアル

◎模倣品対策  

発明支援ノート

発明支援ノート  

フィクション

◎引き継がれていない引き継ぎ   •◎電話の第一声(3/3)   •◎電話の第一声(2/3)   •◎電話の第一声(1/3)   •◎ラーメン屋での疑問   •◎セミナー好きの器用貧乏   •◎仕事帰りのカフェで   •◎繁忙期に入ったメールとその返信   •◎超短編小説 ヘタレ男が下を向く(10/10)   •◎超短編小説 ヘタレ男が下を向く(9/10)   •◎超短編小説 ヘタレ男が下を向く(8/10)   •◎超短編小説 ヘタレ男が下を向く(7/10)   •◎超短編小説 ヘタレ男が下を向く(6/10)   •◎意識高い系知財人 Part1   •◎超短編小説 ヘタレ男が下を向く(5/10)   •◎超短編小説 ヘタレ男が下を向く(4/10)   •◎超短編小説 ヘタレ男が下を向く(3/10)   •◎超短編小説 ヘタレ男が下を向く(2/10)   •◎超短編小説 ヘタレ男が下を向く(1/10)   •◎3年と30年   •◎封じられた怒りとその爆発   •◎緩やかな自殺への記録   •◎正当な主張のゆくえ   •◎夏の夜のラジオドラマ風   •◎独立を口にする理由   •◎人事異動?   •◎女性が煙草に火を付ける道具の話(ノンフィクション)   •◎お弁当タイム   •◎鳥対照表   •◎白髪染め(2/2)   •◎白髪染め(1/2)   •◎場違いな注文   •◎私が支払った理由   •◎席を譲ろうとしたのに   •◎読んだことのある小説   •◎ツイッター的ショートストーリー(2)   •◎ツイッター的ショートストーリー(1)   •◎オショクジケン   •◎それってどんな食べ物だ?   •◎男の教室   •◎ゴジラとクリラ   •◎退職・独立への動機(2/2)   •◎退職・独立への動機(1/2)   •◎ヘッドスライディング   •◎無い辛さよりはマシ   •◎共同出願人と代理人の限界   •◎業界用語の物語(ネンキン)   •◎業界用語の物語(ホウタイ)   •◎人身御供   •◎法律の勝手な解釈とそのツケ   •◎ベンチャー企業とセクハラ(2)   •◎ベンチャー企業とセクハラ(1)   •◎経営者の気持ち   •◎不老不死の薬   •◎営業コンプライアンス   •◎ノウハウの流出原因(2)   •◎ノウハウの流出原因(1)   •◎それもコンプライアンスなの?   •◎説明責任(2)   •◎説明責任(1)   •◎依頼人という名の破壊者(4)   •◎依頼人という名の破壊者(3)   •◎依頼人という名の破壊者(2)   •◎依頼人という名の破壊者(1)   •◎近況報告   •◎業界誌を読む女   •◎同窓会の往復葉書   •◎甘えん坊   •◎大人気ない木登り   •◎知財部物語(5)   •◎知財部物語(4)   •◎知財部物語(3)   •◎知財部物語(2)   •◎知財部物語(1)   •◎たかが従業員、による訴状(6)   •◎たかが従業員、による訴状(5)   •◎たかが従業員、による訴状(4)   •◎たかが従業員、による訴状(3)   •◎たかが従業員、による訴状(2)   •◎たかが従業員、による訴状(1)   •◎情けない酔っぱらい   •◎フィクション=丸太の上の少年   •◎おみやげ   •◎世論調査   •◎友達が欲しい   •◎申し遅れました   •◎ノルマ   •◎雨の出勤   •◎贅沢な悩み   •◎火曜日の深夜   •◎イヤホン   •◎島の新緑物語  

写真俳句

平成29年如月   •平成29年睦月   •平成28年師走   •平成28年霜月   •平成28年神無月   •平成28年長月   •平成28年葉月   •平成28年文月   •平成28年水無月   •平成28年皐月   •平成28年卯月   •写真川柳VOL.5   •平成28年如月   •平成28年睦月   •平成27年師走   •平成27年霜月   •平成27年神無月   •平成27年長月vol.1   •平成27年葉月vol.1   •平成27年文月vol.1   •平成27年水無月vol.2   •平成27年水無月vol.1   •平成27年・皐月vol.2   •平成27年・皐月vol.1   •平成27年・卯月vol.1   •平成27年・弥生vol.1   •平成27年・如月vol.1   •平成27年・睦月vol.1   •平成26年・師走vol.1   •平成26年・霜月vol.1   •釜石~大船渡~気仙沼 2014晩秋   •平成26年・神無月vol.1   •平成26年・長月vol.1   •平成26年・葉月vol.1   •写真川柳Vol.4   •平成26年・文月vol.2   •平成26年・文月vol.1   •平成26年・水無月vo.2   •平成26年・水無月vo.1   •平成26年・皐月vol.2   •平成26年・皐月vol.1   •写真川柳Vol.3   •平成26年・卯月vol.2   •平成26年・卯月vol.1   •平成26年・弥生vol.2   •平成26年・弥生vol.1   •平成26年・如月Vol.2   •平成26年・如月Vol.1   •平成26年・睦月Vol.2   •平成26年・睦月Vol.1   •平成25年・師走Vol.2   •平成25年・師走Vol.1   •平成25年・霜月Vol.2   •平成25年・霜月Vol.1   •写真川柳Vol.2   •平成25年・神無月Vol.2   •平成25年・神無月Vol.1   •平成25年・長月Vol.2   •平成25年・長月Vol.1   •平成25年・葉月Vol.2   •平成25年・葉月Vol.1   •写真川柳Vol.1   •平成25年・文月Vol.2   •平成25年・文月Vol.1   •平成25年・水無月Vol.2   •平成25年・水無月Vol.1   

知財リンク

知財リンクVol.1   •相互リンク   •知財リンクVol.2  
2017年02月
2017年01月
2016年12月
2016年11月
2016年10月
2016年09月
2016年08月
2016年07月
2016年06月
2016年05月
2016年04月
2016年03月
2016年02月
2016年01月
2015年12月
2015年11月
2015年10月
2015年09月
2015年08月
2015年07月
2015年06月
2015年05月
2015年04月
2015年03月
2015年02月
2015年01月
2014年12月
2014年11月
2014年10月
2014年09月
2014年08月
2014年07月
2014年06月
2014年05月
2014年04月
2014年03月
2014年02月
2014年01月
2013年12月
2013年11月
2013年10月
2013年09月
2013年08月
2013年07月
2013年06月
2013年05月
2013年04月
2013年03月
2013年02月
2013年01月
2012年12月
2012年11月
2012年10月
2012年09月
2012年08月
2012年07月
2012年06月
2012年05月
2012年04月
2012年03月
2012年02月
2012年01月
2011年12月
2011年11月
2011年10月
2011年09月
2011年08月
2011年07月
2011年06月
2011年05月
2011年04月
2011年03月
2011年02月
2011年01月
2010年12月
2010年11月
2010年10月
2010年09月
2010年08月
2010年07月
2010年06月
2010年05月
2010年04月
2010年03月
2010年02月
2010年01月
2009年12月
2009年11月
2009年10月
2009年09月
2009年08月
2009年07月
2009年06月
2009年05月
2009年04月
2009年03月
2009年02月
2009年01月
2008年12月
2008年11月
2008年10月
2008年09月
2008年08月
2008年07月
2008年06月
2008年05月
2008年04月
2008年03月
2008年02月
2008年01月
2007年12月
2007年11月
2007年10月
2007年09月
2007年08月
2007年07月
2007年06月
2007年05月
2007年04月
2007年03月
2007年02月
2007年01月
2006年12月
2006年11月
2006年10月
2006年09月
2006年08月
2006年07月
2006年06月
2006年05月
2006年04月
知財コンサルティング


知財系メルマガ

メールアドレスを入力してください
>>バックナンバー
知財最新ニュース
RSS配信中