Top >  フィクション


フィクション一覧

lime.jpg

◎引き継がれていない引き継ぎ

 某地方公共団体から、本年X月に以下のような打診がありました。 「本年Y月に、#...

◎電話の第一声(3/3)

N; だから、G先輩みたいに、独立している諸先輩が貴重なんですね。 G; 俺がお...

◎電話の第一声(2/3)

N; 電話って、昔から得意じゃなくて・・・ G; 得意とか、苦手、とか、そういう...

◎電話の第一声(1/3)

N; あ、N事務所です。 G; おぉ、Nか? Gです。 N; あ、G先輩でしたか...

◎ラーメン屋での疑問

 両開きのチャックがきちんと閉じられていないリュックを背負ったまま ちびちびとラ...

◎セミナー好きの器用貧乏

 非常に多くの分野のセミナーや勉強会への出席を趣味のようにしている ビジネスマン...

◎仕事帰りのカフェで

 一仕事ならぬ二仕事を終えた。 仕事場に戻る前に、とエキナカのカフェに入った。 ...

◎繁忙期に入ったメールとその返信

> 2010年にXX社のKさんのご紹介で事務所にお伺いしました Tです。 > 以...

◎超短編小説 ヘタレ男が下を向く(10/10)

 91. 「あきらめる’」  あきらめる、と宣言したら、周りがホッとした。  オ...

◎超短編小説 ヘタレ男が下を向く(9/10)

 81. 「振り返る’」  振り返るばかりが人生じゃない。  が、振り返ったら、...

◎超短編小説 ヘタレ男が下を向く(8/10)

 71. 「四つ葉’」  四つ葉、3つも見つけたぁ。  三つ葉を4つ、束ねて言う...

◎超短編小説 ヘタレ男が下を向く(7/10)

 61. 「大切’」  あなたのこと、二番目に大切と思っていたわ。  「一番じゃ...

◎超短編小説 ヘタレ男が下を向く(6/10)

 51. 「プレゼント’」  喜ばれるプレゼント、って難しい。  が、それより難...

◎意識高い系知財人 Part1

1)暗い顔して食堂に入り、「辛気くさい」とオカミさん。  「新規ならば臭くはない...

◎超短編小説 ヘタレ男が下を向く(5/10)

 41. 「道’」  君の歩んできた道は、僕の歩んできた道と重なり・・・  単な...

◎超短編小説 ヘタレ男が下を向く(4/10)

 31. 「社長’」  いつかは社長になりたいと言ったら、怪しげなバーに連れて行...

◎超短編小説 ヘタレ男が下を向く(3/10)

   超短編小説  ヘタレ男が下を向く  21. 「夕焼け’」  夕焼けの赤さが...

◎超短編小説 ヘタレ男が下を向く(2/10)

 11. 「誤解’」  難しい相手だから「ごかい」は覚悟しておけ、と指示された。...

◎超短編小説 ヘタレ男が下を向く(1/10)

 01. 「サプライズ’」  こんなのサプライズじゃねぇよぉ・・・  サプライズ...

◎3年と30年

 書店で手に取った文庫本。高校生の時に熱中した作家の短編集だった。 それこそ、夢...

◎封じられた怒りとその爆発

 まもなく23時。帰りの電車の中で、けたたましい着信音が響く。 音の主は、ヘッド...

◎緩やかな自殺への記録

 大学時代の友人がブログを綴っている。 ブログの内容のほとんどが、自分が食べてい...

◎正当な主張のゆくえ

 俺は、プロのイラストレータ。ある地方自治体からの依頼で、「ゆるキャラ」を依頼さ...

◎夏の夜のラジオドラマ風

 明朝までに何とかしなくては、という焦りから まだ机に向かっていたのだが、少々腹...

◎独立を口にする理由

A; 今、とっても忙しい。自分専用のスタッフが欲しい。   しかし、自分には人事...

◎人事異動?

『いつもおせわになります。××法人NのAでございます。  このたびは、△プロジェ...

◎女性が煙草に火を付ける道具の話(ノンフィクション)

ある日の昼食は、職場近くの中華料理屋さん。 各テーブルに灰皿が完備された(要する...

◎お弁当タイム

A; っで、ソースどこよ? B; え? 蓋に無いか? A; Futa って何? ...

◎鳥対照表

 趣味のバードウォッチングつながりの友人が、野鳥に関する仕事に就いた。 環境アセ...

◎白髪染め(2/2)

A; ・・・、まだ何だか悔しいですね! B; 白髪染めのメーカ、開発部門に持ち込...

◎白髪染め(1/2)

A; あのー、発明をしたんで、相談したいんですが・・・ B; はい、どうぞ。私は...

◎場違いな注文

 終電には余裕があるものの、夜も更けた駅中(えきなか)の立ち食い蕎麦屋。  一杯...

◎私が支払った理由

 友人と、ちょっと遠いところまで呑みに行くことになりました。 さて、途中、友人が...

◎席を譲ろうとしたのに

 立っている人がまばらな電車の車両に老夫婦が乗り込んできました。 ひとつだけ席が...

◎読んだことのある小説

   あれ、この小説、読んだこと、あったっけな?  かなり読み進めるまで、気付か...

◎ツイッター的ショートストーリー(2)

 師匠は気付いている。  弟子が自ら伸びるのか、自分に心酔しているだけなのか! ...

◎ツイッター的ショートストーリー(1)

夜も更けた電車の中で、部下の説教なんかするな! 行き着く先は、その部下の引っ越し...

◎オショクジケン

娘; ねえねえ、今テレビに出ていた太った人、ケーサツに捕まっちゃったの? 父; ...

◎それってどんな食べ物だ?

 いつもは愛妻辨当(古い字を使うのがピッタリくるいつも古風な弁当だ) を持参する...

◎男の教室

 彼女とのデートは、まだ2回目だった。 駅前の喧噪を抜けて、閑静な住宅街を歩いて...

◎ゴジラとクリラ

A: ~というわけで、商標が類似しているか否かは、   外観(見た目)、称呼(読...

◎退職・独立への動機(2/2)

部下; 昨今のテレビゲームは、ストーリーが複雑化し、画質も向上し、  ハードも進...

◎退職・独立への動機(1/2)

上司; 呼び出した理由は、わかっているよな?  言うまでもなく、今、うちの会社は...

◎ヘッドスライディング

 人数が足りないから、と頼まれて、やや大きめのユニフォームを着る。 職場対抗のソ...

◎無い辛さよりはマシ

 ため息をつくか頭を抱えようかというその前に、   なんで事務手続きが膨大な手の...

◎共同出願人と代理人の限界

 あるメーカX社と、そのメーカX社が製造する製品Aを販売するY社とがあった。  ...

◎業界用語の物語(ネンキン)

A社長 ; もしもし、弁理士のBさんをお願いします。 B弁理士; あっ、A社長、...

◎業界用語の物語(ホウタイ)

A女史; Bクン、今、プリンタから出てくるX社宛の案内、ファックスしといてね。 ...

◎人身御供

 Y社の知的財産部の部長であるA氏は、人事部長Bの部屋を訪れた。 A:今回のZ社...

◎法律の勝手な解釈とそのツケ

 Z社の実質的な経営者であるA氏は、怒りの矛先をどこに向けたらいいのか 分からな...

◎ベンチャー企業とセクハラ(2)

「T君、セクハラ訴訟って、面倒で大変なんだよ。  第三者がいない密室で、セクハラ...

◎ベンチャー企業とセクハラ(1)

「S先輩、以前、私の同級生Rが就職したY社についてちょっとご相談が・・・」 「や...

◎経営者の気持ち

「資格で商売できるおまえなんかに、  中学しか出てない経営者の気持ちが分からない...

◎不老不死の薬

父上、母上、大学四年生の春から十四年、 私の研究してきた不老不死の薬が完成しまし...

◎営業コンプライアンス

マンションに戻ると、ドアノブに差し込んだ鍵の感触がおかしい。 「あれっ? 開いて...

◎ノウハウの流出原因(2)

Y社(X社のライバル会社)の音響技術者C氏と、Y社の顧問弁理士D氏との会話 「C...

◎ノウハウの流出原因(1)

X社の音響技術者A氏と、X社の知財担当者B氏との会話 「A君、出願ノルマ足りない...

◎それもコンプライアンスなの?

X社は、社会人用の教育コンテンツを作成する会社であり、A氏はその社長である。 A...

◎説明責任(2)

U弁理士の事務所の電話が鳴った。 「あ、Y社のFさんですね、どうもご無沙汰してお...

◎説明責任(1)

S弁理士の事務所の電話が鳴った。 「あ、X社さん、どうもご無沙汰しております。 ...

◎依頼人という名の破壊者(4)

「すみません、パートナーのQと相談させていただき、またかけ直します。」 「何を言...

◎依頼人という名の破壊者(3)

Z弁理士は、A社の社長に電話をかけた。 「B店が有名になりつつあるとのことですの...

◎依頼人という名の破壊者(2)

Z弁理士は、一瞬おいて、頭をフル回転させたが、考えがまとまらなかった。 「ひとま...

◎依頼人という名の破壊者(1)

A社の社長からZ弁理士に相談があった。 Z弁理士は、Aというケーキ店を東京近郊に...

◎近況報告

「あれ? どうしたの?」 朝、駅までの道で、中学の同級生だった彼女に会った。 「...

◎業界誌を読む女

珍しく朝早い電車に乗ったので、座れるほどではないにしても、すいている。 眠いとは...

◎同窓会の往復葉書

智司が帰宅すると、ダイニングテーブルに 「高校卒業18周年記念・同窓会のご案内」...

◎甘えん坊

「先輩、どうして俺の内面、そんなに分かるんですか?そんなに話したことないのに。」...

◎大人気ない木登り

「おじさん、取ってくれない?」 そんな声を期待していたのだが、草野球の少年たちは...

◎知財部物語(5)

【シナリオライター】 深沢が、営業部長の梅川と、Qホテルのバーで飲み始めたのは2...

◎知財部物語(4)

【外圧】 営業部長の梅川から、深沢に電話が入った。 「X社が、次の企画として練っ...

◎知財部物語(3)

浜田は、広くはない社員食堂で西木を探し、助けを求めた。 「販促のアイディアを、特...

◎知財部物語(2)

【切り替え】 「吉井さん、さっきはフォローが不十分で済みませんでした。 発明届出...

◎知財部物語(1)

    ある消費財メーカのある出来事 ...

◎たかが従業員、による訴状(6)

「シマナガ顧問を使って、ムラナカの訴状を取り下げさせることはできんのか?」 社長...

◎たかが従業員、による訴状(5)

特許制度に詳しくない中小企業や、社長のワンマン会社では、 本当に発明したわけでは...

◎たかが従業員、による訴状(4)

「同期の技術者より1割は高い年俸は、ムラナカの貢献を考慮したものだろう?」  『...

◎たかが従業員、による訴状(3)

「フルヤ弁護士からの内容証明郵便によれば、   『ムラナカの発明の譲渡対価および...

◎たかが従業員、による訴状(2)

女性の技術者は、ジャイアント工業では創業以来二人目。 (大企業でも女性の技術者は...

◎たかが従業員、による訴状(1)

 たかが従業員、による訴状   (職務発明制度の理解のために)         ...

◎情けない酔っぱらい

終電には間に合ったが、吊革にぶら下がるのもきつかった。 つらい酒だった。 「食っ...

◎フィクション=丸太の上の少年

「そんなところでやってたら、風が吹いたときに下へ落ちちゃうよ。」 田んぼに流れ込...

◎おみやげ

ひねくれ者の私は、ひょんなことから自分が勤務するの会社のライバル会社の若手社長か...

◎世論調査

「世論調査って何?」 カーラジオのニュースから聞き取った言葉を、後ろの席から疑問...

◎友達が欲しい

外に出ると、ビールで火照った肌を夜風が爽やかに撫でた。 「友達、欲しいんっすよ。...

◎申し遅れました

私は、主人を守るのが仕事だ。 道や地面から、冷たい雨から、ゴミや小石から、時には...

◎ノルマ

今月末までのノルマがあと2件。 数をそろえることが、この会社ではそんなに大事なの...

◎雨の出勤

だるくて気軽な通勤。傘を引っかける場所には困らない。 雨で憂鬱だが、晴れていたら...

◎贅沢な悩み

「おまえ、そんなの、贅沢な悩みだよお」 真顔で、真剣に、真正面から相談したという...

◎火曜日の深夜

のどが渇いた。不快なのどの渇きだ。 それにしてもバカげたカラオケ大会だった。 会...

◎イヤホン

ハイヒールが右足の小指の付け根付近に噛みついた。 「いてっ」 静かな車内に、自分...

◎島の新緑物語

「もう咲くのか、早いもんだなあ。」 温志は、休日の朝遅く、庭を見て気がついた。 ...
知財コンサルティング


知財系メルマガ

メールアドレスを入力してください
>>バックナンバー
知財最新ニュース
RSS配信中