◎対策セミナーの盛況ぶり

Top >  知的財産管理技能検定 >  ◎対策セミナーの盛況ぶり

◎対策セミナーの盛況ぶり

 2017年12月に石川県金沢市、2018年1月に愛知県名古屋市、と連続して
知的財産管理技能検定の3級対策講座の講師を担当しました。
 中部経産局が主催であり、セミナーの受講は無料でした。

 これまでの経験では、無料セミナーというのは、申込数と出席者数では、
だいたい2割減、というのが私の実感なのですが、
今回のセミナーに関しては、2度ともほぼ欠席者がいませんでした。

 国家資格に対して「合格のための対策講座」を公的な機関が実施するのは、
異例のことである、と聞いておりましたし、
私自身も、引き受けるに際して若干の違和感がありました。
 しかし、決して盛況とはならない公的なセミナーが存在することは
伝え聞いておりますし、企画に行き詰まることも頻繁にあるようです
(私のような者にも、企画案を求められた経験がありますので)。

 国家資格に対する「対策セミナー」という企画が盛況だったことで、
「公的機関が提供する情報提供の役割」を
公的機関自身が考え直すような事態にもなるかもしれません。
(まあ、私のような者が考えても仕方が無いことですが)

 なお、3級対策講座という趣旨の講師は、いくつかの企業や大学からの依頼で、
2時間X6回 6時間X2日、といった程度のボリュームによるカリキュラムで、
何度も体験しています。
 しかし、担当した講座は、1時間45分の持ち時間しかありません。
したがって、内容については非常に工夫をしました。
 セミナー受講者のアンケートの結果を見る限り、概ね好評だったようなので、
自分のコンテンツ(のバリエーション)がひとつ増えたかな、という感触を抱いています。
 ただし、この1時間45分を聴講したからといって合格できてしまうほど、
知的財産管理技能検定3級が易しい試験ではありません(念のため)。

  (2018年1月作成)

スポンサードリンク

知財情報をリサーチ(ランキング)

関連エントリー

知財コンサルティング


知財系メルマガ

メールアドレスを入力してください
>>バックナンバー
知財最新ニュース
RSS配信中