◎めげても継続すること

Top >  一人前ビジネスパーソンへの道 >  ◎めげても継続すること

◎めげても継続すること

 頑張って出しているアウトプットが関係者へなかなか伝わらず、めげていた、
という知人Y氏が、美術館の企画展示を見てやる気を取り戻した、という話を聞きました。
 「頑張って出したアウトプット」が評価されずにめげる、というのは、
私も数多く経験しているので、その話だけで私は刺激を受けました。

 めげたから止めてしまう、という選択は簡単です。
止めてしまっても良さそうだ、と直感するならば、止めてしまっても良いのかもしれません。
自分の時間は有限なので。
 一方、めげた後、継続すると選択するには、どのような選択肢があるでしょうか。

   a)めげた所から、再びやる気を出す(ために何かする)
   b)めげた理由を分析し、めげないやり方を考え、再チャレンジする
   c)めげても、力づくで進む

 私が頻繁に選択するのは、止める以外ではb)やc)であり、
a)を積極的に探すという選択は、多くはないという気がします。
 それはなぜか?
 c)は、最も頭を使わないやり方です。
b)は、調べること、他人に相談すること、などがしやすいやり方です。
 (なお、昨年、b)を選択するに際しての「分析」の手法に、いくつかの気付きがありました)
 いずれも、対応しやすい選択肢だった、ということでしょう。

 一方、a)は、人や本など、偶然の出会いに左右されるので、頼りにくい。
しかし、「めげた」自分を奮い立たせる必要性や欲求が自分の中で高まっていると、
答えを見つける人や本に出会いやすいことは、経験的に解ってはいます。
 Y氏の選択に反応したのも、私があまり選択しないa)のお話しだったからかもしれません。

 加えておくと、Y氏の話を聞かなかったら、
めげた時の対処法として、b)、c)を列挙できても、a)という選択肢を思い付かず、
列挙できなかったような気がします。

 更に加えておくと、a),b),c)のいずれもが自分の力として身に付く。だから
  継続は力なり
と言うのだな、と思った次第です。

   (2018年1月作成)

スポンサードリンク

知財情報をリサーチ(ランキング)

関連エントリー

知財コンサルティング


知財系メルマガ

メールアドレスを入力してください
>>バックナンバー
知財最新ニュース
RSS配信中