◎法律特許事務所からの封書

Top >  知財実務/商標編 >  ◎法律特許事務所からの封書

◎法律特許事務所からの封書

 年末のある日、郵便受けの中に法律特許事務所からの封書が混じっていました。
差出人欄を見て知り合いが勤めている事務所ではないな、と思い、

   ・知り合いがこの事務所へ転職したのか?
   ・同業者への売り込みか?

という2つのどちらだろうか?と考えを巡らせながら、開封しました。
 するとそこには、予想も付かなかった内容が書かれていました。

  株式会社Z(仮名)は破産宣告に至りました・・・(後略)

 え?Z社は7月の立替金や手数料の請求書が未処理じゃないか!
10月、11月と連続して督促したのに・・・

 まあ、経験済みなので、驚きも嘆きも小さくて済みます。
 自分の事務所の一年間に出した赤字額と、回収し損ねた請求額とがほぼ同額、
といった年が、これまでの経験で複数回ありますし。

 特許事務所の業界は、営業対象を大企業から中小企業へシフトさせています。
しかし、中小企業が取引先となったら、こういうことが、ある程度の確率で起きます。

  中小の仕事では覚悟しておけよ

、という言葉は、先輩から伺った記憶はありますが、
伺っただけでは重みを受け止められない。
 こうした事態に遭遇して初めて、その重みが分かるのです。
 私がこうして記録に残しておいたとしても、経験のない方に対しては、
結局のところ経験しなければ、伝わらないものなのかもしれません。

    (2018年1月作成)

スポンサードリンク

知財情報をリサーチ(ランキング)

関連エントリー

知財コンサルティング


知財系メルマガ

メールアドレスを入力してください
>>バックナンバー
知財最新ニュース
RSS配信中