◎上昇志向か現状維持か

Top >  セカンド/ダブル >  ◎上昇志向か現状維持か

◎上昇志向か現状維持か

 現状に満足せず、「上」を目指す気持ち(上昇志向)がある場合、
自らを「上」へ向かわせるために、自己改革をする(改革を課す)というのは、
よくあることでしょう。
 一方、現状よりも未来が悪くなりそうである、という予想が立つ場合、
「上昇志向」よりも、「現状維持」が目標となります。

 20年前の自分は、明らかに上昇志向であり、
「現状維持」という考えには嫌悪感さえ抱いていたのでは、と思います。
自分よりも年長の方々が「自己改革」から逃げる(ように見えた)姿が嫌いでした。

 約8年前に身体を壊してからは、
身体を壊す以前の状態へ戻すこと(回復)が最優先の目標となりました。
 上昇志向だったそれまでの自分には、「回復」は「現状維持」よりも下に思えたので、
精神的には大きな打撃となりました。
 「回復」が最優先、と気持ちを切り替える、という大きな自己改革を余儀なくされ、
「回復」やその後の「現状維持」に舵を大きく切るべきだ。
そのように自分の気持ちを切り替え、割り切れるようになるまで、
2年ほど掛かったように思います。

 20年の年長者の年齢を超えた今、
あの頃に抱いていた嫌悪感の正体が、少し明確になりました。

 「自己改革」によって大きく、そして急激に成長すること
 急激な成長ではないものの緩やかに、そして継続的に成長すること

この両者は違うのだ、ということ。
正確に言えば、違うということが、頭ではなく、実感できるようになった
ということです。

     (2017年12月作成)

スポンサードリンク

知財情報をリサーチ(ランキング)

関連エントリー

知財コンサルティング


知財系メルマガ

メールアドレスを入力してください
>>バックナンバー
知財最新ニュース
RSS配信中