◎体験による説得力は二軸ならば増す

Top >  一人前ビジネスパーソンへの道 >  ◎体験による説得力は二軸ならば増す

◎体験による説得力は二軸ならば増す

 自らの体験を後輩に伝達する場合、説得力を備えた話は、
二軸での比較をしていることが多い、ということに気付きました。

 一軸目は、その体験をした自分としなかった他人との比較です。
体験をした自分が、体験しなかった他人と、どのような差が生じたのか、
比較するのです。
 比較対象となる他人は、自分と年齢や立場が近い方が説得力を増すのは、
述べるまでもありません。

 二軸目は、その体験をした自分と、しなかった時の自分との比較です。
しなかった時の自分は、なぜその体験をしなかった(選択しなかった)のか。
なぜ、その選択肢が目の前に表れなかったのか。
体験をすることを遠ざけようとした理由は何か。

 遠ざけようとした理由が経済的な理由の場合、どうすることによって克服したか。
克服できなかった時には、どのように感じていたのか。
克服した結果、体験して良かった、とどれほど感じたか。
(遠ざけようとした理由が時間的な理由の場合も同様でしょう)

 二軸目の話をして下さるビジネスパーソンは、一軸目のみで話される方より、
話が穏やかで、説得力もあるように感じます。比較対象が自分だからでしょう。

     (2017年8月作成)

スポンサードリンク

知財情報をリサーチ(ランキング)

関連エントリー

知財コンサルティング


知財系メルマガ

メールアドレスを入力してください
>>バックナンバー
知財最新ニュース
RSS配信中