◎具体的な指導の「具体的」とは(2/2)

Top >  大学における知財教育 >  ◎具体的な指導の「具体的」とは(2/2)

◎具体的な指導の「具体的」とは(2/2)

 本年の期末試験を受験した学生さんを、一緒に試験監督をして下さった
専任講師Sさんからお聞きしたのですが、

   今年のX年生は、「奇跡の学年」と呼ばれています。
   これまでにない優秀な学年なのです

と。
 入学試験での平均的な偏差値が、例年に比べて高かった、ということです。
Sさんは、

   偏差値は(学生のレベルと)関係ない、と巷ではいわれるけれど、
   授業を通じて感じる「学生のレベル」って、偏差値との相関関係が
   あると思いました

と仰っていました。
 「優秀」の基準はいろいろあるでしょうけれど、
抽象的な、あるいは少ない具体例による教えによっても、
応用が利く、という学生は、間違いなく優秀でしょう。もちろん、

   一を聞いて十を知る

という学生ばかりを期待してはいけないとは思います。
 しかし、いつまで経っても、具体的な指示や指導を待つばかり、
より具体的には、(1/2)にて記載しましたが、
 意匠と商標との違いを何度繰り返して喋っても、期末試験でも区別できない、
という学生です。
 そうした学生が卒業していっても、嬉しくないなぁ、というのが正直なところです。

       (2017年8月作成)

スポンサードリンク

知財情報をリサーチ(ランキング)

関連エントリー

知財コンサルティング


知財系メルマガ

メールアドレスを入力してください
>>バックナンバー
知財最新ニュース
RSS配信中