◎セミナーと授業との大きな違い(1/2)

Top >  大学における知財教育 >  ◎セミナーと授業との大きな違い(1/2)

◎セミナーと授業との大きな違い(1/2)

 デザイン学部における6年目の授業が終了しました。
最終授業において、大学側が用意した無記名のアンケートを授業前に配布し、
授業終了後に回収したのですが、色々な衝撃がありました。

 授業を円滑に進める意図と出席確認とを兼ねて、毎回アンケートを取っていたので、
だいたいの学生の様子を把握しているつもりでいたからでしょう。
 私が配布したアンケートは、出席確認を兼ねていたから、
学生は自らの名前を書かなければなりません。
 しかし、大学が用意したアンケートは無記名なので、
私が回収したアンケートからは想像ができなかった、本音というか辛辣なことが
書かれていました。
 自らの反省を兼ねて、具体的な言葉を拾ってみます。

  『煽るような口調が不快に感じる。』

 これは、最終授業において期末試験用に総復習をしたので、
「ここは覚えておいて下さい」、「この辺りは出るので暗記して下さい」等のフレーズを
連発したからでしょうか。

 セミナーと違って、学生の授業には試験があります。
これは、頭でわかっている以上の違いだった、と実感しました。
 次週が試験、という学生にとってデリケートな時期に、
こちらからは、こちらなりに伝えたいことがある、という気持ちが強すぎた、
と反省しています。

        (2017年8月作成)

スポンサードリンク

知財情報をリサーチ(ランキング)

関連エントリー

知財コンサルティング


知財系メルマガ

メールアドレスを入力してください
>>バックナンバー
知財最新ニュース
RSS配信中