◎保守的な地域と優秀な営業担当(2/2)

Top >  一人前ビジネスパーソンへの道 >  ◎保守的な地域と優秀な営業担当(2/2)

◎保守的な地域と優秀な営業担当(2/2)

 ロンドンに限らず、イギリスの飲食店では、食品サンプル(料理模型)を目にすることが
ありませんでした。私が見落としただけかもしれませんが、日本と比べたら
圧倒的に少ないことは間違いないはずです。
 飲食店の前には、文字のみで表現されたメニューが置いてあるだけ。
世界的な観光都市であるロンドンですが、国際共通語である英語だから良い、
ということなのでしょうか。
 これまでの習慣だから、という心理的な惰性で、食品サンプルが置かれていないのか、
はたまた、食品サンプルを嫌悪するような文化的背景があるのか、
私には分かりません。
 高級店の場合には、その日の仕入れや予約状況などによってメニューを変えるため、
サンプルとして掲示しにくいことから置かない、という理由があるようです。
 でも日本では、日替わりメニューの実物をラップして展示したりもしますよね。

 さて、前回のコラムで書いた「コンタクトレンズ」よりは、
「保守的な思考」を崩すのは簡単なような気がします。
 お客様にとって、文字だけのメニューよりも食品サンプルがある方が分かりやすいから。
つまり、お客様のニーズが明らかとなったら導入する、という店が増える、
という可能性があるでしょう。

 コンタクトレンズは、B to C商品です(から保守的な思考を変えるのは困難です)が、
食品サンプルは、B to B商品であり、消費者ための商品である。
 この点が大きく異なっている、ということに気付いたのでした。

     (2017年7月作成)

スポンサードリンク

知財情報をリサーチ(ランキング)

関連エントリー

知財コンサルティング


知財系メルマガ

メールアドレスを入力してください
>>バックナンバー
知財最新ニュース
RSS配信中