◎親しくなかったから冷静に予測できたのか

Top >  一人前ビジネスパーソンへの道 >  ◎親しくなかったから冷静に予測できたのか

◎親しくなかったから冷静に予測できたのか

 Aさんと一杯やる機会に、共通の知人であるBさんの話題が出ました。
Bさんには、私がAさんに引き合わせたのですが、
私よりもAさんの専門分野が近く、年齢も、私よりAさんに近かったので、
KさんとAさんは、ふたりで(私抜きで)飲む機会もあったとのこと。

 が、最近は全く会っていない、と言うのです。
私が「なぜ?」と尋ねようとしたその前に、
Aさんは私に、Bさんの近況を尋ねたのです。

   Bさん、今の組織の中で苦労しているらしいですよ

と私がお話ししすると、「やっぱりそうでしょうね」と、
Aさんの口からは、私にとって意外な言葉が出てきました。
 え? 予想できてたんですか? と尋ねるとAさんは頷きました。

 私がAさん、Bさんを引き合わせた際に、
 Bさんは私に、上司や組織に対する不満や不合理さを打ち明けてくれたので、
私は、Bさんにとってどうするのがベター、ベストなのか、
を一生懸命、考えたような気がします。

 が、Aさんは、Bさんが口にしていた上司への不満を冷静に分析していたようです。

   ほどなく、Bさんはその上司の立場になるはずだから、
   その不満を自分の未来として想像できたなら、今の苦境は大したことなかったはず。
   それなのに、なぜそれを、そのときしなかったのか?

と思って、そばで聞いていたとのこと。

 Aさんのような分析を、私はBさんに対してすることができませんでした。
親しいがゆえに、でしょうか。それとも、私自身の甘さでしょうか。
 今の自分の年齢では、後者だと反省すべきでしょう。

   (2017年7月作成)

スポンサードリンク

知財情報をリサーチ(ランキング)

関連エントリー

知財コンサルティング


知財系メルマガ

メールアドレスを入力してください
>>バックナンバー
知財最新ニュース
RSS配信中