◎特許制度が創作の刺激になるか?(2/2)

Top >  大学における知財教育 >  ◎特許制度が創作の刺激になるか?(2/2)

◎特許制度が創作の刺激になるか?(2/2)

 特許制度に対する消極的な回答のもう一つとして、

   規則だらけで自由さが奪われ、束縛になると思う

という趣旨の回答も2つほどありました。
 この回答に対しては、先の「お金じゃない」という生き方哲学ではない、
世の中の、人間の本質を誤っているように私は感じました。
 創作活動は自由であるべき、という「自由」をはき違えている、
とまで感じてしまいました。

 デザイン学部の学生ですから、将来は創作者、クリエータです。
余計なことかもしれない、と思いつつ、結局は黙っていられませんでした。

   世の創作のほとんどは、時間、予算、ニーズといった制限がある。
   制限があってこそ、創作が誕生する、とも言える。
   特許制度も、そうした制限の一つである。
   創作活動においては、許容すべき。できれば活用すべきではないか?!

と、補足解説をしたのでした。
 余計なことだったのでしょうか・・・

   (2017年6月作成)

スポンサードリンク

知財情報をリサーチ(ランキング)

関連エントリー

知財コンサルティング


知財系メルマガ

メールアドレスを入力してください
>>バックナンバー
知財最新ニュース
RSS配信中