◎単なる着想者の主張

Top >  知財実務についての雑感 >  ◎単なる着想者の主張

◎単なる着想者の主張

 ある会社Yが、ある技術の基礎研究を一段落させ、特許出願を完了させました。
その出願について、国内優先権を伴った出願をすることとなり、
打ち合わせを重ねていました。
 すると、出願人となった会社Yとは別の組織Zから、打ち合わせに参加したい
という申し出がありました。
 私としては、なぜZが、まだ公開されていない技術内容の打ち合わせに
参加を希望する旨の打診をしてきたのか、不思議でした。

 Y社の担当者からの説明を総合すると、組織ZはY社のお客様であり、
昨年の特許出願内容も開示している、とのことでした。
 その説明でも疑問がぬぐえないまま、組織Zを交えたミーティングが開催されると、
組織Zの意図がようやく分かりました。

  Y社が出願した内容に関する最初の着想は、組織Zに所属する人だった

というのです(その着想をしたという人は、ミーティングには参加していなかったが)。
 つまり、着想を提供したのだから、組織Zとしても、
やがて取得する特許権について、なんらかの権利がある、という考えがあったようです。

 私は、

   組織Zが、今回の特許出願の名義人(出願人)に加わる法的な理由はない。
   特許法は、発明者に「特許を受ける権利」が発生する、としているが、
   着想をされた、というその方は、「単なる着想をしただけ」であり、
   発明の実質的な完成に、何ら寄与していないと考えられるからです。

と、教科書通りの回答をしました。

 そのミーティング当日の夕方、組織Zからは、

   本件(特許出願)に我々は加えて貰わなくて良い

と連絡がありました。
 判って貰えて、本当にホッとしたのでした。
判ってもらえなかったとしたら、期限が迫っている国内優先権の出願前に、
元の出願の名義を変更しつつ、国内優先権の出願内容を固めていかなければならない
はめになったからです。

   (2017年5月作成)

スポンサードリンク

知財情報をリサーチ(ランキング)

関連エントリー

知財コンサルティング


知財系メルマガ

メールアドレスを入力してください
>>バックナンバー
知財最新ニュース
RSS配信中