◎本年のデザイン学部での授業開始

Top >  大学における知財教育 >  ◎本年のデザイン学部での授業開始

◎本年のデザイン学部での授業開始

 東京工科大学・デザイン学部における選択科目としての「知的財産論」は、
過去5年間で、だいたい50名くらいの受講者でした。
 そのため、学務課が配付資料を、初回のガイダンスでは、
70部を用意してくれました。
 しかし、配布物が全く足りず、教室にも入りきれない学生が出てしまいました。

 履修登録期限の直前である二度目の授業では、用意された140部の配布物が、
授業開始前になくなってしまいました。
 そして、遅刻して教室へ入ってきた学生には行き渡らなかった・・・

 現在の学生さん(東京工科大学・デザイン学部に特有なのかどうかは不明ですが)は、
先輩後輩、という縦のつながりが非常に薄いらしい。そのため、

   あの科目は単位が取りやすいぞ
(そんなに取りやすい科目にはしていないですが)

といった情報はほとんど出回らないらしいので、
昨年までの実績(?)や先輩経由の情報が
「知的財産論」の履修希望者を増やしているとは考えにくい。

 配布物を印刷して下さる学務課の方々とお話をしてみたところ、

   この学年(現3年生)は、真面目な学生が多いようです

との答えでした(学生の総数は、一学年180名ほどで、若干しか増えていないそうです)。

 「まじめな学生が多い」という言葉を信じる、信じないはともかく、
縦のつながりが薄いということの裏返しとして、
毎年、その学年のカラーがガラリと変わる、ということは、
これまでの5年間でなんとなく経験してきました。

 しかし、急激な変化なのか、この学年の個性なのか、・・・
結局、履修登録をした学生は、160名を超えました。

   (2017年5月作成)

スポンサードリンク

知財情報をリサーチ(ランキング)

関連エントリー

知財コンサルティング


知財系メルマガ

メールアドレスを入力してください
>>バックナンバー
知財最新ニュース
RSS配信中