◎拒絶理由通知に驚かれる

Top >  知財実務についての雑感 >  ◎拒絶理由通知に驚かれる

◎拒絶理由通知に驚かれる

 ある若い技術者が発明者となった特許出願に、拒絶理由通知が来たので、
引用文献とともに送付しました。
 すると、その技術者から、

  (拒絶理由通知というものを見たのが)初体験なのですが、
  16万円も出して審査を請求したのに、特許にならないというのですか?
  そもそも、出願の際に、特許にならないと分からなかったのですか?

と、愕然としましたという表情が見て取れるような電子メールが届きました。

 彼の所属する会社はある程度の歴史があり、特許出願数も多いので、
特許制度に対するある程度の知識を持っている、と思い込んでいた私も、
その電子メールを読んで愕然としました。

 メールを受信してすぐに電話を掛け、20分ほどお話しをさせて貰い、
落ち着いていただいたので、私も一安心しました。
 その直後、電話内容を整理し、今後の進め方などを電子メールで送信しました。

 その返信文を見て、私もようやく落ち着いたのでした。

    (2017年4月作成)

スポンサードリンク

知財情報をリサーチ(ランキング)

関連エントリー

知財コンサルティング


知財系メルマガ

メールアドレスを入力してください
>>バックナンバー
知財最新ニュース
RSS配信中