◎待ちわびた特許証

Top >  知財実務についての雑感 >  ◎待ちわびた特許証

◎待ちわびた特許証

 ある個人発明家さんからご依頼をいただき、特許出願を担当しました。
企業へのライセンス契約が同時に進んでいたため、早期審査を請求し、
ほどなく特許査定を頂戴しました。

 特許査定が来た旨、その発明家さんへ連絡をしたのですが、

   特許証はまだなのか? いつ頃来るのか?

と問われました。

   登録料はすぐに納付しましたから、程なく到着するはずです。

とお答えしたのですが、

   その「程なく」とはどれくらいなのか?

と問われます。

   一ヶ月はかからないと思うのですが・・・

とお答えしましたが、その後、毎日のように電話を頂戴しました。

   今日も届かなかったのかね、楽しみにしているんだよ・・・

 普段の実務では、特許査定が来たらホッとするのですが、
特許証の到着がこれほどまでに待ち遠しかったことはありません。
 到着した特許証は、郵送せず、発明家さんのところへ持参しました。

   (2017年4月作成)

スポンサードリンク

知財情報をリサーチ(ランキング)

関連エントリー

知財コンサルティング


知財系メルマガ

メールアドレスを入力してください
>>バックナンバー
知財最新ニュース
RSS配信中