◎繁忙期と並行処理

Top >  知財実務についての雑感 >  ◎繁忙期と並行処理

◎繁忙期と並行処理

 年度末を乗り切った直後なので、今回乗り切った年度末において
気付いたことを忘れないうちに書いておきます。

 期限内に処理が必要な仕事は、売り上げ管理に重要な貢献をします。
したがって、優先すべき仕事となります。
 しかし、自分がいくら優先して進めても、
相手があることですから、スケジュール(ひいては売り上げ管理)も
相手次第になりがちです。
 相手の反応が鈍いと、売上げに影響しますが、
督促をしてよいものか、督促をしてどんなことを思われるだろうか、
といったことを想像してしまいます。
 とはいえ、前に進みたいから電子メールや電話にて連絡をすることとなる・・・
こうした連絡は、貴重な時間を食ってしまうので、直接の仕事ではないことと相まって、
焦りが生じます。

 進ませたいけれど進めない案件をしかたなしに後回しとし、
優先順位の低い仕事に着手することとなりますが、
優先順位が低い仕事に集中できるようになるには、気持ちの切り替えが難しい。
 今年度は、気持ちの切り替えを、場所替えとともに行う、
ということを積極的にやってみました。

  ・普段の机ではなく、応接用の机で仕事をしてみる
  ・早めに切り上げて自宅での仕事とする
  ・コーヒーショップを利用する
  ・風呂につかって身体を温める

などです。特に、自宅での仕事に切り替える、というのは、移動時間も入るので
効果的だったように思います。

   (2017年4月作成)

スポンサードリンク

知財情報をリサーチ(ランキング)

関連エントリー

知財コンサルティング


知財系メルマガ

メールアドレスを入力してください
>>バックナンバー
知財最新ニュース
RSS配信中