◎大学生のインターンシップ問題

Top >  天職 >  ◎大学生のインターンシップ問題

◎大学生のインターンシップ問題

 インターンシップ制度に対する様々な問題が、
大学生側、企業側のいずれにも生じているらしいです。
 個々の問題に対して、私も思うところはありますので、
根幹的と思われる点を指摘してみます。

 「インターンシップ」などという制度の名前さえ知らない、聞いたことがなかった私の学生時代、
私は自ら「バイト代はいらないから、仕事を見学させて下さい。私のできるお手伝いはします。」
ということを2週間ほどやりました。
 受け入れて下さった自動車整備工場は、専門職の方またはその見習いという本職ばかりだったので、
戸惑いもあっただろうと想像できますが、「使いっ走り」として可愛がっていただいた、という記憶です。

 さて、数年前、アルバイト募集してもいないのに、
ある学生さんが私の職場へ尋ねてきて、インターンシップを希望されました。
 上記の経験がある自分としてはむげに断れず(笑)、アルバイトとして受け入れました。

 さて、インターンシップに対する私の考えですが、

   学生も企業も、自らの頭で考えて行動していない、してこなかった

ということが、様々な問題を産んでいるのではないか、と思うのです。
もちろん、自らの頭で考えても、様々な問題が生じます。
 私を受け入れてくださった企業も、私のインターン受け入れにも問題はありました。
 しかし、自らの頭で考えての行動であれば、生じた問題にも積極的に、主体的に取り組めます。

 他人の責任で始まった、という意識がどこかにあるから、生じた問題に対して、
誰かのせいにしようとしているか、何も見ないやらない、というように逃げるのではないか?!
 そう思えるのです。

    (2017年2月作成)

スポンサードリンク

知財情報をリサーチ(ランキング)

関連エントリー

知財コンサルティング


知財系メルマガ

メールアドレスを入力してください
>>バックナンバー
知財最新ニュース
RSS配信中