◎余計なモノコトをそぎ落とす

Top >  天職 >  ◎余計なモノコトをそぎ落とす

◎余計なモノコトをそぎ落とす

 年齢とともに体力が落ちる、ということを、若い頃に先輩方から聞かされ、

   体力が落ちる=一日に集中力や持続力を出せる時間が減るんだろうなぁ

というくらいにしか捉えていませんでした。
 しかし、自分が先の先輩方の年齢ほどになり、同じ言葉を聞いて想像していたよりも
たくさんの項目に影響があることに気づき始めました。

 「体力が落ちる」ということは、
同程度のパフォーマンスを維持するために必要な時間とお金が掛かる、
ということだったのです。
 睡眠時間を、若い頃よりも多く確保しなければなりません。
その睡眠も、質を高めなければならないから、睡眠前後の時間も気を遣うことになるし、
眠りにつくまでに時間が掛かるなら、横になっている時間はさらに増えます。

 また、単に「体力が落ちる」のではなく、集中力の回復にも時間が掛かります。
多くの集中力を使った後は、次の仕事に集中できるまでに時間が掛かるのです。

 体力の急激な低下を避けたければ、スポーツにも時間をかける必要が出てきます。
肉体的な故障を抱えれば、その故障箇所のケアにも時間が掛かる・・・

 上記の「時間」には、サプリメントなのか、病院通いなのか、スポーツジムなのか、
様々な選択肢があるけれども、いずれにしても出費を伴います。
 稼ぎ出すために出費が嵩むのですから、利益率は確実に落ちるわけです。

 若くはない、ということを受け入れられず、足掻いた時期もありました。
しかし、足掻くことに一種のあきらめがつき始めた今、

   余計なモノコトをそぎ落とす

ということが、どれだけできるか、ということになるのかな、と考えています。
 新たな年を迎え、あれこれ考えるのも「余計なモノコト」かもしれませんので、
「そぎ落とす」に絞って、考え、行動しようと、現在のところ考えているのです。
 具体的には、書類や書籍の処分作業から、かな・・・

 本年もどうぞよろしくお願いいたします。

   (2017年1月作成)

スポンサードリンク

知財情報をリサーチ(ランキング)

関連エントリー

知財コンサルティング


知財系メルマガ

メールアドレスを入力してください
>>バックナンバー
知財最新ニュース
RSS配信中