◎複数の仕事の中において天職を得ること(1/2)

Top >  天職 >  ◎複数の仕事の中において天職を得ること(1/2)

◎複数の仕事の中において天職を得ること(1/2)

 直接的または間接的にお金を稼げない仕事では、「天職」とは言い難い。
「天職」の定義の問題ではなく、現実問題として。

 一方、世の中が複雑化し、終身雇用が崩壊しつつある日本の社会では、
職種を変えなくても、所属組織が変わることが普通になってきています。

 更に、複数の職場へ同時に所属する社会へ変化する、と私は見ています。
 時短、ワークシェアリング、など様々な要因がありますが、
一週間のうち、3日はA社、2日はB社、で仕事をする、といったことが
ドンドン増えてくるはず。
(一つの組織の中でも、3日はC部門、2日はD部門、で仕事をする、
 といったことも増えてくるのかもしれませんが、
 今回のテーマと外れるので、ここまでにしておきます)

 さて、ここまでが前振り。本題としては、

   複数の職場のうちの一つで、天職としての仕事をする(できるようになる)

こういう発想にて

   天職を探す、天職に出会う、天職を全うする、・・・

というようにを心掛けることを、私は提案したいのです。

        (2016年11月作成)

スポンサードリンク

知財情報をリサーチ(ランキング)

関連エントリー

知財コンサルティング


知財系メルマガ

メールアドレスを入力してください
>>バックナンバー
知財最新ニュース
RSS配信中