◎若さと全体を考える能力とのバランス(3/4)

Top >  一人前ビジネスパーソンへの道 >  ◎若さと全体を考える能力とのバランス(3/4)

◎若さと全体を考える能力とのバランス(3/4)

 20年前の自分は、20年後(つまり現在)に感性が鈍くなっているであろう
ということに大きな不安がありました。
 そして現在、20年前の自分よりも、感性の鋭さはなくなっていることは間違いない。
しかし、そのことに現在の自分が、嘆いたり、哀しんだりしてはいません。
(20年前の予想と、少し違っています)
 大きな不安があった、という記憶はあるのに、なぜなのか。
 理由は色々ありそうです。

 第一に、自分一人で完結しなくても良いのかもしれない、と思えるようになったから、
なのかもしれません。
 つまり、自分よりも若い人の力を借りる、ということです。
自分と、自分の周りという「全体」を考えられるようになった、のかもしれません。

   身近なところでは、気になることは、自分の子ども達に尋ねてみる。
   SNSを使って問いかける。
   自分が関わる大学生に尋ねてみる。
   仕事で関わる若い人と話をする機会があったら、仕事以外の接点を持てるように仕掛ける。

 自分よりも若い人の力を借りる方法は、色々ありますね。

 「衰える」ということを受け入れつつある、ということが、二番目にあります。
しかし、「受け入れる」ためには、(少々の)努力をしてきたはず。
 だから仕方がないのだ。
そう思えるからこそ、受け入れる(あきらめる)ことができるのかもしれません。
 努力をしてきた、という事実を介して、「年月という時間」も感じているから。

 受け入れる、あきらめる、というのは、
「自分を切り替える」という作業が必要であり、
この「切り替える」ということができるためには、「心の強さ」が必要でしょう。
 この心の強さを得るために、少々の努力があったのだ、とも言えるかもしれない・・・
そう感じる場面が、最近、続いています。

    (2016年9月作成)

スポンサードリンク

知財情報をリサーチ(ランキング)

関連エントリー

知財コンサルティング


知財系メルマガ

メールアドレスを入力してください
>>バックナンバー
知財最新ニュース
RSS配信中