◎ひとつの大きな仕事を終えて(1/4)

Top >  天職 >  ◎ひとつの大きな仕事を終えて(1/4)

◎ひとつの大きな仕事を終えて(1/4)

 構想を抱いてから約2年、その構想の実現の第一歩を踏み出すという結果を伴う
大きな仕事を終えました。

 その大きな仕事とは、

   東日本大震災の被災地に暮らす高校生に対して、
   「新商品の開発」というテーマでの簡単な演習と、
   その演習のための授業とを提供する

というものです。
 構想した経緯は、以下の通りです。

   震災から年月が経ち、「支援」のあり方が援助から「自立への支援」に変化してきたが、
   その「自立」のために、私の職歴からやれることがないか?

これを考え抜きました。
 そして、「知的財産権の実務」と「大学での講師活動」という自分の二本柱を駆使し、

   地元産品の付加価値を上げるために必要な知識と体験

を提供する、という企画に行き着いたのです。

 この企画は、2015年10月に、福島県の「こども未来局」という部署へ持ち込み、
本年8月19日に、福島県の郡山市で実現しました。
この日、県内の高校11校(普通科高校は3校のみ、ほかは農業高校か商業高校)から
48名の高校生に集まっていただき、

   地元を愉しくする新商品開発と知的財産

という特別授業(座学60分、グループワーク60分)の講師を
務めさせていただきました。

 授業中に感じていた生徒さんの反応で、ある程度の手応えは感じていました。
 そして、引率の先生方を含めたアンケートの結果が後日届き、
自分でいうのは憚られますが、大変良い評価を頂戴しました。
 とれも嬉しかったです。

   (2016年9月作成)

スポンサードリンク

知財情報をリサーチ(ランキング)

関連エントリー

知財コンサルティング


知財系メルマガ

メールアドレスを入力してください
>>バックナンバー
知財最新ニュース
RSS配信中