◎大学や専門学校を選ぶきっかけに

Top >  大学における知財教育 >  ◎大学や専門学校を選ぶきっかけに

◎大学や専門学校を選ぶきっかけに

 原発事故やその風評被害に(未だ)まっただ中にある福島県で、
事故当時に小学校の高学年だった子供たちも、もう高校生。
そんな高校生に、

 福島県(行政)の中にある「こども未来局」へ売り込んだのが2015年10月。
年度をまたいで、

    子どもがふみだす ふくしま復興体験応援事業研修会

2016年8月に実現しました。
 県内の高校11校(普通科高校は3校のみ、ほかは農業高校か商業高校)から5
1名の高校生に集まっていただき、

   地元を愉しくする新商品開発と知的財産

という特別授業(座学60分、グループワーク60分)の講師を
務めさせていただきました。(「知的財産」の話は最小限に抑えました)

   地元産品を使って新しいことができないか、を考える

ということを通じて、潜在している高校生のエネルギに点火したり、
元気な高校生をもっと元気にしたりできるはず、という私の狙いは、
間違っていなかった、と思います。

 なお、この授業において、私は高校生が「職業」を考えるきっかけにして欲し
い、と考えています。
 そのため、引率の先生用に、
企業において「商品開発」に関わる部署を図示したり、
大学や専門学校における専攻との関係を書いたり、といった別の資料を準備し、
10分程度の説明とともに配付させていただきました。

 私の授業を、進路選択のヒントやきっかけにしてくれたら嬉しいな、
と思います。
 「職業の選択」については、人一倍強い思いを抱いていますので。

   (2016年9月作成)

スポンサードリンク

知財情報をリサーチ(ランキング)

関連エントリー

知財コンサルティング


知財系メルマガ

メールアドレスを入力してください
>>バックナンバー
知財最新ニュース
RSS配信中