◎必修科目とすべきか、というアンケート

Top >  大学における知財教育 >  ◎必修科目とすべきか、というアンケート

◎必修科目とすべきか、というアンケート

 多くの大学では、学生に対して授業(科目)ごとに、アンケートを取っています。
私が担当する科目も、連続の講義が終盤に入った頃、毎年アンケートを配るように指示され、
学生さんに対してアンケートを書く時間を授業中に取るように言われています。

 質問は8つあり、その科目に対する学生側の受講態度についての自己評価や、
その科目がシラバス内容と一致していたか、などを五段階で評価するようになっています。
 質問欄に2つの空欄があり、講師が独自に質問を設定して良いようになっています。

 昨年と本年、私はその自由質問欄のひとつに、

   「この科目(知的財産論)をデザイン学部の必修科目とすべきかどうか?」

と入れてみました(現在は選択科目)。

 アンケートの解答用紙は授業の終了後に回収し、大学の事務局へ提出してしまうので、
アンケートについての詳細は、後日、送られてくるまで分からないのですが、
事務局へ持っていくまでの間に、ささっと拾い読みをしてみました。
 すると、

   木曜日の一限なんていう時間の科目が、必修科目になったら迷惑だ
   必修科目とするなら、期末試験はやめてレポートにして欲しい

といった過剰反応の回答が散見されました。
 アンケートの結果を受けて、既に選択科目として履修登録した受講生に対し、
選択科目が必修科目に変更されるようなことはありません。
 ですから、こうした回答は「過剰な自己防衛」でしょう。

 翌週の授業において、

   こうした質問をされた際に、(自己防衛のために反応してしまうことは)
   理解はするけれど、何を聞かれているのかを冷静に受け止めて欲しい

とお願いしました。

     (2016年8月作成)

スポンサードリンク

知財情報をリサーチ(ランキング)

関連エントリー

知財コンサルティング


知財系メルマガ

メールアドレスを入力してください
>>バックナンバー
知財最新ニュース
RSS配信中