◎ゲスト講師T先生をお招きして

Top >  パテント交渉学 >  ◎ゲスト講師T先生をお招きして

◎ゲスト講師T先生をお招きして

 アントレプレナー大学院では、ゲスト講師を招くということが2度まで認められています。
私は毎年、1度だけゲスト講師をお招きしていますが、
本年は、一年ほど前に知り合ったT先生に「交渉学」をお願いしました。

 知り合いになったとはいえ、私自身がT先生の講義を聴いたことはなかったので、
楽しみにしていました。
 しかし、実際に講義を聴いてみると、期待以上でした。

 90分という限られた時間で「交渉学」を紹介することは、大変難しいはずなのですが、
T先生の講義は、要点を押さえつつ簡単な演習も入っており、素晴らしかった。

   大学院での講義は、『もっと学びたい』と思わせたら成功である

というのが、私の師匠の言葉なのですが、まさにそんな授業でした。
授業終了時には質問が出るし、授業後も質問が続いたことからも分かります。

 また、教壇に立つ、ということについて、経験を積むことで、

   このやり方で大体良いんじゃないかな

と、「自己流のやり方」が固まってしまうことに不安を抱いていましたが、
T先生の授業のやり方が大いに刺激になりました。

   (2016年8月作成)

スポンサードリンク

知財情報をリサーチ(ランキング)

関連エントリー

知財コンサルティング


知財系メルマガ

メールアドレスを入力してください
>>バックナンバー
知財最新ニュース
RSS配信中