◎呑み会ではなく食事会

Top >  大学における知財教育 >  ◎呑み会ではなく食事会

◎呑み会ではなく食事会

 大学院でゲスト講師をお招きした回は、ゲスト講師を囲んで呑み会を実施することを、
私としては恒例行事としています。
 さて、この「呑み会」が何年かぶりに10名を超える参加人数となったのですが、
近年の「呑み会」が明らかに変化した、ということを実感しました。

 お店を予約する段階で、学生幹事を指名しておき、参加人数と希望の店を募っていたのですが、
「食べ放題&飲み放題」を予約した旨を学生幹事に報告すると、

   お酒、呑まない人の方が多いので、飲み放題は不要です

とのこと。
 実際に始まってみると、14名の学生のうち、11名がノンアルコールのドリンクでした。
大学院生ですから当然二十歳を過ぎています。
 「酔っぱらうことで盛り上がる」ということを期待していましたが、
酔っぱらわなくても盛り上がるのです。
 「呑まない」というのは普通のことなのだ、と思わされました。

 彼らが呑まない理由は、体質的に呑めない、という理由だけではないようです。

 大学院にまでなっても、呑む、酔っぱらうという経験が単に乏しいのかもしれませんが、
適度に酔う、ということの効用を知らない、ということは、もしかしてマイナスかな。

 理由は何であれ、時代が変化している、ということは間違いない。
これを事実として踏まえて思考しなければならないことは、増えてくるのでしょう。
 まずは、「呑み会」を「食事会」に名前を変えるところからかな。

   (2016年7月作成)

スポンサードリンク

知財情報をリサーチ(ランキング)

関連エントリー

知財コンサルティング


知財系メルマガ

メールアドレスを入力してください
>>バックナンバー
知財最新ニュース
RSS配信中