◎諦める勇気が付いたのか

Top >  一人前ビジネスパーソンへの道 >  ◎諦める勇気が付いたのか

◎諦める勇気が付いたのか

 二人の仲間とサイクリングに出掛け、その最中に、右膝の調子が悪くなりました。
調子の悪さをごまかしていたのですが、いよいよごまかしきれなくなり、
仲間には先に行ってもらうことにして、自分はどのように帰るか、
を思案し始めました。

 「勇気ある撤退」や「諦める勇気」というほどの大それた気持ちはなく、

   あ、ダメだ。諦めよう

という軽い気持ちでした。悲壮感もなく、悔しさもありませんでした。

 若い頃に同じ状況となったら、同じような気持ちになっただろうか?
ふと、想像してみましたが、うまく想像できませんでした。

 気持ちに余裕があったのは、暑くも寒くもなく風も穏やかという天候に恵まれており、
食料や水も持参しており、体力も消耗していなかった、など
条件が整っていたからでしょう。
 経験したことがないトラブルでしたが、頭の隅に、そうしたトラブルを想定していた、
(自分の身にもあるかもしれない)ということでもあるでしょう。

 貴重な体験でした。

   (2016年7月作成)

スポンサードリンク

知財情報をリサーチ(ランキング)

関連エントリー

知財コンサルティング


知財系メルマガ

メールアドレスを入力してください
>>バックナンバー
知財最新ニュース
RSS配信中