◎引き継がれていない引き継ぎ

Top >  フィクション >  ◎引き継がれていない引き継ぎ

◎引き継がれていない引き継ぎ

 某地方公共団体から、本年X月に以下のような打診がありました。

「本年Y月に、##という趣旨のイベントを開催する。
 そのイベントでの講師をあなたにお願いするので、宜しく。
 一泊二日にて、Y月の一ヶ月間で2~3度やるかもしれない。」

しかし、Y月の予定も入り始めた2ヶ月前になっても、まだ連絡がない。
最大で6日間の予定を確保しなければならない私は、
X月に電話を下さったSさんへこちらから電話を掛けました。
そしたら、唖然とすることばかり。

  X月に連絡を入れたSは、X月の末日の辞令で異動になりました。

えっ? 連絡一本なかったですけど、、、(イベント、なくなっちゃうのかな?)

 引き継いだNに代わりますのでお待ち下さい、と電話口で言われて待っていると、

  あ、お電話、代わりました。 その件、私=Nが引き継ぎました。
  そのイベント運営を担当する業者がまだ決まっていませんが、
  予定通り、開催します。
  ただ、一泊、というのではなく、日帰りして頂く日程、になりそうです。

『予定通り?』・・・はあ、そうですか。 ところで、日程は?

  スミマセン。 きちんと引き継ぎができていませんで・・・

えっ? もう2ヶ月前ですよ、本当にやるんですか?
私のスケジュール、一度も聞かれていませんよ。

  スミマセン。 折り返します。 で、お電話番号は?

はっ? あなたがSさんから引き継いだんでしょ?
私の電話番号を引き継ぎして、掛けてきて下さい(怒)

 この日の夜、N氏の上司と名乗るM氏から電話があり、

   3回は開催できず、1回だけになりました。
   Y月xy日(+曜日)になりましたので、宜しくお願いします。

あのねぇ、私の予定も尋ねないで日程を決めてどうするんですか?
『Y月xy日は、空いていますか?』が、最初じゃないんですか?

 ::: 私の体験に基づいて脚色したフィクションです :::

   (2016年6月作成)

スポンサードリンク

知財情報をリサーチ(ランキング)

関連エントリー

知財コンサルティング


知財系メルマガ

メールアドレスを入力してください
>>バックナンバー
知財最新ニュース
RSS配信中