◎電話の第一声(1/3)

Top >  フィクション >  ◎電話の第一声(1/3)

◎電話の第一声(1/3)

N; あ、N事務所です。

G; おぉ、Nか? Gです。

N; あ、G先輩でしたか。お久しぶりです。
  事務所開設の案内状で、電話を下さったんですね。

G; 開設、おめでとう。
  で、最初っからで悪いけどさ。

N; 何でしょう?

G; お前さぁ、電話の声、暗いよ。 暗すぎ!

N; あ、そうですか。
  違う人みたいだ、と、昨日は友人に言われました。

G; その人、親しい人って訳じゃないだろ?

N; まあ、そうでしょうか。

G; あのさ、その人も本当は、「暗い」って思ったけど、
  言えなかっただけだぜ、きっと。

N; 以後、気を付けます・・・
  G先輩だから、言ってもらえたんですね。
  ありがとうございます。

G; お礼はどうでもいいんだけど、「気を付けます」程度じゃダメだぜ。
  真面目な話、何度も何度も練習すべきことだぜ。

N; そうなんですか?

G; 分かってないなぁ・・・。
  電話の第一声があんな暗い声じゃ、お客さん、逃げちゃうって。

    (2016年6月作成)

スポンサードリンク

知財情報をリサーチ(ランキング)

関連エントリー

知財コンサルティング


知財系メルマガ

メールアドレスを入力してください
>>バックナンバー
知財最新ニュース
RSS配信中