◎無い物ねだりをしなくなる

Top >  一人前ビジネスパーソンへの道 >  ◎無い物ねだりをしなくなる

◎無い物ねだりをしなくなる

 自分よりも若いビジネスパーソンと話をしていて、、

   自分の環境では手に入らないことに対して羨ましがらなくなった

ということに気が付くようになったのは、いつ頃からだろうか、
とふと考えました。
 20代の頃は、羨ましがってばかりいたように思い出します。
30代も前半まではそうだったかもしれません。
転職を考えたのがその頃だったので。

 一方で、自分のいる環境を自らの手で変えていく、
変えるためにインプット(調べたり勉強したり)し、行動する。
そんなことをやっているうちに、無い物ねだりをしなくなったような気もします。
 
 自分がどうだったのか、どう考えていたのか、ということは、
ズバリ、そのテーマで何かを書き残してある、という以外には、
こうして「ボンヤリと」しか思い出せないですね。
 何かをテーマにして、こうして書き残しておくことが、
いつか役立つかもしれないし、役立たないかもしれない。
 けれども、書くことが、深く考えるきっかけになっているからこそ、
何かをテーマにする、ということ自体に気付く地力を付けているようにも思います。

     (2016年6月作成)

スポンサードリンク

知財情報をリサーチ(ランキング)

関連エントリー

知財コンサルティング


知財系メルマガ

メールアドレスを入力してください
>>バックナンバー
知財最新ニュース
RSS配信中