◎「今、分からないだろうけれど」という助言

Top >  一人前ビジネスパーソンへの道 >  ◎「今、分からないだろうけれど」という助言

◎「今、分からないだろうけれど」という助言

 知人二人が、この春に相次いで、属していた組織を離れて独立しました。
一人は年上、一人は年下です。
 年上だろうが、年下だろうが、助言を求められればできる限りのことをしますし、
先回りして(もしかしたら)余計なことも助言しています。

 彼らから独立後の活動を聞かせてもらうと、私として感じることはたくさんあります。
そうするよりこうした方がいいのではないか、とわき上がってくる気持ちがあった時、
「今、言ってあげても分からないだろうな」と、口をつぐむ場合と、
「今、言ってあげても分からないだろうけど」と、口にする場合と、を選択します。

 口をつぐむことを選択する場合の多くは、他の人からも言われているだろうと想像できることでしょうか。
同じ助言(が繰り返されること)に腹が立つ人、同じ助言だから聞かなくてはならないかな、と思える人、
とがいると想像できるので、どちらが効果的なのか、私なりに(瞬間的に)思案して選択しているようです。

 「今、言ってあげても分からないだろうけど」と、口にする場合というのは、
どういう場合でしょうか。
 口をつぐむ場合よりも、リスクが大きいとか、早い時期にリスクがやってくるとか、
そういう予想がつく時が多いように思います。

   私自身が彼と同じように同じように助言を受け、
   にもかかわらず助言の意味や理由が理解できなかった。納得しなかった。
   その結果、助言に従わず、
   予告(助言)されたリスクが実際に発生したり、予告通りの失敗をやらかした。

そんな経験があることについては、
 「今、言ってあげても分からないだろうけど」と前置きをして、助言をすることが多いのかな。

 失敗は必ず糧になるし、糧を得てようやく納得し、前に進めることが多いことに、
独立したての彼らとの話の中で気付かされます。

   (2016年4月作成)

スポンサードリンク

知財情報をリサーチ(ランキング)

関連エントリー

知財コンサルティング


知財系メルマガ

メールアドレスを入力してください
>>バックナンバー
知財最新ニュース
RSS配信中