◎工場を案内して下さる発明者

Top >  知財実務についての雑感 >  ◎工場を案内して下さる発明者

◎工場を案内して下さる発明者

 出願予定の発明の打ち合わせに出向いた先で、
工場見学などをさせていただくことは、時々あります。
そうした場所では、たいてい、見学者のためにヘルメットや帽子などが
用意されています。

 発明の説明の前に見学させていただく場合もありますし、
説明を一通り終えた後で見学させていただく場合もあります。
 しかし、発明者の多くは、発明の説明をしている時よりも、
工場を案内して下さっている時の方が、愉しそうで生き生きしていらっしゃる。
 生き生きしている、という時の気持ちを共有することは、
この仕事をする上で大切なことだと思っています。

 さて、特許法の一部改正によって、発明の法人帰属が始まります。
改正の話が持ち上がった時には理解に苦しみましたが、
発明は、現場にいた発明者から誕生するのであり、
複数の会社の社員さんたちが関わることも少なくありません。
「法人帰属」の一定の合理性が、こうした現場体験において実感できたかな。

 そんなことを思いながらの工場見学でした。

    (2016年3月作成)

スポンサードリンク

知財情報をリサーチ(ランキング)

関連エントリー

知財コンサルティング


知財系メルマガ

メールアドレスを入力してください
>>バックナンバー
知財最新ニュース
RSS配信中