◎担当者が理論的な学びをしてくれるか否か

Top >  知財実務/商標編 >  ◎担当者が理論的な学びをしてくれるか否か

◎担当者が理論的な学びをしてくれるか否か

 窓口の担当者が、商標のことを体系的に学んでいるか否か、は、
その後の仕事の効率が大きく左右されます。
 体系的に理論を学ぶ機会なしに経験を積んだ方というのは、
仕事を進めていく上で困ることがあります。
 学んでいない方の多くは、自らの経験を普遍化して前へ進めようとするので、
今回の事例とは異なる点が出てくると、仕事がスタックしてしまう。
 理論を学んでいないので、自らの経験を理論へ戻して考えておらず、
経験のみから考えようとするためでしょう。

   あなたの経験を、理論に当てはめると、A,Bとなります。
   したがって、今回の事例では、Aは共通しますが、
   Bの点は異なる結論になります・・・

といった説明が必要になることがすくなくありません。
 しかし、理論を体系的に説明する時間が無い、
担当者が体系的に学ぶことを拒否する(結論だけよこせ、など)、
といった場合には、その担当者を通過しても、担当者の組織内のどこかでスタックし、
結局、効率的に進まないことが出てくることでしょう。
(最悪なのは、その仕事が落着した後で、経過不明、不十分などの問題が持ち上がること)

 まあ、そうしたトラブルがなくても、その担当者との間では、
何度となく、同じような相談電話、メールが行き交うこととなり、
進歩、発展を感じられない、というつまらない仕事になっていきます・・・

 裏を返せば、私自身、体系的に理論を学んでいない分野や領域に関しては、
自らの経験のみから考えようとしているでしょうか。
 自分が意識しているよりも多いかもしれない、と反省するのです。

    (2016年3月作成)

スポンサードリンク

知財情報をリサーチ(ランキング)

関連エントリー

知財コンサルティング


知財系メルマガ

メールアドレスを入力してください
>>バックナンバー
知財最新ニュース
RSS配信中