◎侵害行為を放っておくという選択とそのリスク

Top >  知財実務/商標編 >  ◎侵害行為を放っておくという選択とそのリスク

◎侵害行為を放っておくという選択とそのリスク

 商標権を取得している会社(仮にY社とします)があり、
個人事業主(仮にA氏とします)がその商標権を侵害しているのだが、
という相談がありました。
 「侵害しているのだが」と切り出したということは、

  訴訟までを考えてはいないです

というニュアンスを感じましたが、やはりそうでした。

 商標権に係るマークと、個人事業主さんが使っているマークは、
同一ではありませんが、類似範囲と言えそうです。

 訴訟をすることまでを考えていない、という理由を尋ねてみると、
個人事業主さんの方が早くから商売をしていることを、
Y社さんはご存知だったからのようです。

 「先使用による商標を使用する権利」を個人事業主さんが確保しており、
商標権侵害にならない可能性が出てきました。
 一方、

   侵害行為を放置していると、
  「その行為は商標権侵害ではないと容認した」と思われる

というリスクがありますよ、ともお伝えし、相談は終了しました。

 その後、Y社の社長とA氏とは、A氏の個人事業において主従関係にあった、
ということが、別の情報源から判明しました。
 Y社の社長は、A氏から独立し、A氏が商標登録していないことを知って
商標権を取得し、A氏の顧客を奪おうとしている、
というような図式が見えてきました。

  ヤレヤレ・・・

   (2016年1月作成)

スポンサードリンク

知財情報をリサーチ(ランキング)

関連エントリー

知財コンサルティング


知財系メルマガ

メールアドレスを入力してください
>>バックナンバー
知財最新ニュース
RSS配信中