◎条文を頭の中で検索できる

Top >  弁理士試験 >  ◎条文を頭の中で検索できる

◎条文を頭の中で検索できる

 ある同業者のブログを読みながら感じたことです。
そのブログには、知的財産法の中に「推定規定」がいくつあるのか、
という趣旨のことが書いてありました。

 現在は、条文が電子化されていますから、
検索機能を使えば、簡単に、漏れなく抽出できますよね。

 私が受験勉強をしている頃は、

  「推定」がある条文を挙げて、早いモノ順・・・
  最下位は罰ゲーム

  条文イントロ・ドン
 (出題者が、条文を読み始め、
  早いモノ順に「ZZ法の第X条!」と回答するゲーム)

といったことを、勉強の余興としてやっていました。
(受験生との交流が現在はないので、今も同じようなことをやっているのかは存じません)

 現在と違うのは、上記のような検索機能をメンバーの頭に頼っていたため、
一晩経ってから、

  あれ、XX法の第Y条にも「推定」があったよ

なんてことを誰かが言い出す、というようなことがあった、ということでしょうか(笑)。

   (2015年12月作成)

スポンサードリンク

知財情報をリサーチ(ランキング)

関連エントリー

知財コンサルティング


知財系メルマガ

メールアドレスを入力してください
>>バックナンバー
知財最新ニュース
RSS配信中