◎ソフトウェア発明が解決しようとする課題について(1/2)

Top >  知財実務についての雑感 >  ◎ソフトウェア発明が解決しようとする課題について(1/2)

◎ソフトウェア発明が解決しようとする課題について(1/2)

 情報サービス業における発明を書面化する場合、機械モノなどのハードウェア系の発明と
大きく異なる点を、自覚しています。
 それは、「発明が解決しようとする課題」の書き方です。
(その前の「背景技術」の欄にも関わります)

 何かというと、機械モノなどのハードウェア系の発明の場合に比べ、
「発明が解決しようとする課題」までの記載内容が非常に多くなる傾向がある、
という点です。
 これがなぜなのか?

 この疑問が解決できていない頃、「背景技術」や「発明が解決しようとする課題」を
簡潔に書こうという意識が潜在していました。
(経験の浅い頃は、そもそも疑問にさえ感じていなかったのですが)

 経験を重ねて気付いたのは、

  ソフトウェアの発明は、この発明が誕生する前に問題さえ認識できなかったこと
  が背景になっており、その問題に着目できるか否か、が発明のポイントである。
  何が問題なのかを明確にできれば、発明の大半が完成する。

ということです。

   (2015年11月作成)

スポンサードリンク

知財情報をリサーチ(ランキング)

関連エントリー

知財コンサルティング


知財系メルマガ

メールアドレスを入力してください
>>バックナンバー
知財最新ニュース
RSS配信中