◎ポイントを掴めないままの受任

Top >  知財実務についての雑感 >  ◎ポイントを掴めないままの受任

◎ポイントを掴めないままの受任

 特許出願をしたい、と希望されるお客様との打合せにおいて、
特許を取得すべきポイント(いわゆる請求項の案)を思いつけないまま、
受任することが、ままあります。
 大別すると、

   a)どうやら新しそうだけど、どのような請求項か直ぐに思い浮かばない
   b)新しそうだけど、進歩性はなさそうだ

という2パターンとなるでしょうか。

 a)の場合は、じっくり検討していけば、やがて請求項の案をくみ上げることができます。。
ですから、打合せ時にさほど心配はしません。
 しかし、b)の場合は、そうはいきません。
時間を掛ければ思い付ける、という保証はないので、
お金になる仕事になるかどうか、分からない状況で打合せを終えることになるのが、ほとんど。
 「お金になる仕事」ではない場合とは、
 検討した結果、出願できるポイントを見いだせなかったとすると、
「検討料」を請求できない場合です。
 (検討料を請求できる場合のほうが少ないですね、残念ですが。)

 しかし、b)であっても、「一捻り」を思い付けた時の快感は、
この仕事における大きな喜びのひとつです。

 実は、一捻りを思い付けそうかどうか、というのは、打合せ時に何となくの見込み
というか、直感があります。
まあ、思い付けそうもないなぁとか、何とか思い付けそうだなぁとか、・・・
 しかし、思い付けそうもないと直感したのに、それを覆して思い付けた時は、
更に大きな快感を得られます。

     (2015年11月作成)

スポンサードリンク

知財情報をリサーチ(ランキング)

関連エントリー

知財コンサルティング


知財系メルマガ

メールアドレスを入力してください
>>バックナンバー
知財最新ニュース
RSS配信中