◎無かったことにはできないという覚悟

Top >  知財実務についての雑感 >  ◎無かったことにはできないという覚悟

◎無かったことにはできないという覚悟

 私は、不定期ですがメールマガジンを発行しています。
先日発行したメールマガジンでは、重大なミスが送信後に分かり、
再発行しました。
 発行前に、いくつかのチェックすべき箇所を認識していたのですが、
そのひとつを失念してしまったことが原因です。

 発行直後に気付いたこととしては、送信後は『無かったことにできない」
ということです。
 当たり前なのですが、この体験は強烈でした。

 考えてみれば、特許出願書類の作成という本業も、
公開特許公報や特許公報を発行する、ということを前提とした仕事です。
 無かったことにはできないという覚悟を持って、
日常の仕事をしているかどうか。
 とても反省させられました。

   (2015年10月作成)

スポンサードリンク

知財情報をリサーチ(ランキング)

関連エントリー

知財コンサルティング


知財系メルマガ

メールアドレスを入力してください
>>バックナンバー
知財最新ニュース
RSS配信中