◎意志決定者を見誤った事例

Top >  パテント交渉学 >  ◎意志決定者を見誤った事例

◎意志決定者を見誤った事例

 ある交渉ごとをした最近の経験から。
私の意に反して、長期化してしまいました
 長期化してしまった原因の一つとして、
私自身が、相手における意志決定者との直接交渉をしなかったこと
が挙げられます。

 意志決定者と古くからの知り合いだったことは、
私の性格からしてマイナスに作用してしまいました。

 肩書きの上では、彼の部下も経営者なので、責任感や意志決定ができるだろうと、
希望的観測をしてしまいました。
 経営者である彼は忙しいであろうから、と彼の部下と交渉することを受け入れてしまい、
長期化の兆しが見えた辺りで、見切るタイミングだったのに、遅れてしまいました。

 ホンモノの経営者でないと責任感がどうして小さい。
 ホンモノの経営者は自腹を切っているので、切実感が大きく、意思決定は速い。
長期化はコストに直結してしまうのですが、このコスト意識は、雲泥の差です。

 まいりました、という経験でした・・・

   (2015年6月作成)

スポンサードリンク

知財情報をリサーチ(ランキング)

関連エントリー

知財コンサルティング


知財系メルマガ

メールアドレスを入力してください
>>バックナンバー
知財最新ニュース
RSS配信中