◎社長によるSNSでの公表

Top >  一人前ビジネスパーソンへの道 >  ◎社長によるSNSでの公表

◎社長によるSNSでの公表

 知り合いの社長Tさんが、フェイスブックにおいて、
「幹部候補生に対して、XXという課題を出している。その出題の意図はYYである。」と公表していました。

 どういう課題を出しました、というところまでなら私は「あり」だと瞬時に思ったのですが、
 「出題の意図」までを公表して良いものなのか? と疑問に思いました。
 その疑問を抱え、その社長の気持ちを想像してみたのですが、
「それもあり」だな、と思い至りました。

 どんな会社にしていきたい、ということに留まらず、
この会社でどんな幹部が育って欲しい、といったことまでも公表することで、幹部候補生が育つ。またはふるい落とされる。
 「出題意図まで公表されたような課題なんか、やってられるかよ」
と反発する幹部候補生もいるかもしれません。
 反発する心の中で、自分の心の動きを掴み、T社長の意図を掴む・・・

 様々な効果がありそうだな、しかもTさんらしいな、
と、その策略に感心してしまいました。

   (2015年4月作成)

スポンサードリンク

知財情報をリサーチ(ランキング)

関連エントリー

知財コンサルティング


知財系メルマガ

メールアドレスを入力してください
>>バックナンバー
知財最新ニュース
RSS配信中