◎学生の出欠管理の厳格化

Top >  大学における知財教育 >  ◎学生の出欠管理の厳格化

◎学生の出欠管理の厳格化

 大学での知財教育には直接関係の無いことですが、
 本年度から、私が非常勤講師をしている大学における学生さんに対しては、
授業への出欠管理が厳格化するようです。

 スマートフォン、タブレット端末、ノートパソコンのいずれかにて、
授業ごとに、教室内のバーコードを読み取って送信させる、
といったシステムが導入される・・・ようです。

 単位認定に役立てください、という趣旨かな、と思ったら、
学生の長期欠席やその延長上にある退学、という事態を未然に防ごう、
という趣旨だそうです。
 親身の指導、という点で、特に親元を離れて入学した学生が
きちんと勉学に励んでいるかどうか、管理している、ということになれば、
送り出した親御さんも安心するでしょう。
 顧客満足度を上げる、という意味で、面白い取り組みかな、と思いました。

 最初の講義に出てみたところ、そのシステムがまだ混乱しており、
心配した学生から不安の声が上がりました。
 学生からみたら、出欠管理は単位認定に直結する、と思っているのでしょう。
 私が担当する科目は選択科目なので、
   履修登録が終了するまでは、管理しないから心配ない
と告げましたが。

 私学の場合、「前期で退学」となってしまっては、
後期の学費という収入を得られなくなる、という経営的な意味は大きいかもしれません。
利益損失を防げるのであれば、システム導入のための投資は回収できるのだろうなぁ、
などと、余計なことも考えてしまいました。

   (2015年4月作成)

スポンサードリンク

知財情報をリサーチ(ランキング)

関連エントリー

知財コンサルティング


知財系メルマガ

メールアドレスを入力してください
>>バックナンバー
知財最新ニュース
RSS配信中