◎鋭い指摘とその後の原因探求(続報)

Top >  知財実務についての雑感 >  ◎鋭い指摘とその後の原因探求(続報)

◎鋭い指摘とその後の原因探求(続報)

 前回の投稿を読んで、友人が連絡をくださいました。
「百」には、「多数」という意味があるので、

  『百人で食べたいな、富士山の上でおにぎりを』

にて、誤りではない、ということです。
 たぶんこれが正解なのでしょう。

 用語の意味を調べる、という基本動作を忘れておりました。
反省しなければなりません。

 しかし、なぜ「調べる」という動作に至らなかったのでしょうか。
自分は、「百」という数字を知っている、分かっている、と思い込んでいたからです。
(漢数字の「八」に、「たくさん」という意味があることは知っていたのですが)

「分かっている」というつもりの用語だから、調べるという動作に至らなかった、
ということです。
 自分の持っている知識は、誤りではないのか、と疑うというセンス、つまり
「百」には他の意味もあるのではないかと「疑うことができる」センスに欠けていました。

 自分の持っている知識は、誤りかもしれない、という謙虚さ。
これを思い出すためのエピソードとして、胸に刻みたいと思います。

   (2015年3月作成)

スポンサードリンク

知財情報をリサーチ(ランキング)

関連エントリー

知財コンサルティング


知財系メルマガ

メールアドレスを入力してください
>>バックナンバー
知財最新ニュース
RSS配信中