◎普通名称か否かは誰が決めるのか

Top >  知財実務/商標編 >  ◎普通名称か否かは誰が決めるのか

◎普通名称か否かは誰が決めるのか

 ある個人事業主さんから相談の電話。
彼女は個人レッスンなどのインストラクタ。

 彼女が、あるイベント会場でサービスを提供するのに、
パンフレットを作成することになったそうです。

 そのパンフレットに、「A」という言葉と、
彼女がレッスンする際に使用する道具の名称「B」とを羅列し、

   A・B

というキーワードをちりばめたパンフレットを作成したい、
とのこと。

   「A」は普通名称だから、大丈夫ですよねぇ

と繰り返し仰います。
 しかし、「A」という言葉は、最近使われ始めた言葉であり、
普通名称と言い切れないように、私には思えました。
 案の定、調べてみたら、

   A・C(Cは、そのサービス分野では明らかに普通名称)

という登録商標が存在しました。

 まあ、そのイベントは1回限りだ、ということなので、
出願する必要までは無い、ということで落ち着きました。

 彼女とはこのとき以前に2時間ほどのミーティングをしていました。
 自分の判断では危ないと考え、電話を掛けてくださったというセンスまでには
なってくれたのだな、と思えました。

 もし、彼女が初めて電話を掛けてきた方だったとしたら、

   普通名称かどうかは、あなたが決めることではないですよ

と言ってしまったかもしれない、と想像して苦笑しました。

   (2015年2月作成)

スポンサードリンク

知財情報をリサーチ(ランキング)

関連エントリー

知財コンサルティング


知財系メルマガ

メールアドレスを入力してください
>>バックナンバー
知財最新ニュース
RSS配信中