◎繁忙期に入ったメールとその返信

Top >  フィクション >  ◎繁忙期に入ったメールとその返信

◎繁忙期に入ったメールとその返信

> 2010年にXX社のKさんのご紹介で事務所にお伺いしました Tです。
> 以前ご相談させていただきました件につきましては 保留のままにしております。
> その節は貴重なお話をおきかせいただき ありがとうございました。

相談に対するご提案をさせていただいたにも関わらず、
Tさまからも、Kさまからも、何の連絡もいただけませんでしたので、

   ふん、ただ働きかよ

と、あの頃は少々腹を立てていたことを思い出しました。
そうですか、もう4年にもなりますか。


> 年末のお忙しい時期に急なお願いで申し訳ありませんが、お時間いただけませんでしょうか?

 あのときに無料で相談に乗り、その時間に対して何の連絡もなかった方に対して、
この忙しい時期に時間を取ってあげるほど、私はお人好しではありません・・・
TさまやKさまにとっては、「あ、忘れてた」程度だったのかもしれませんし、
そこまで考えるべきでしたかね、と驚かれているかもしれません。

偉そうになるので、あまり書きたくはないのですが、
私は、専門家としての知識と時間を売るビジネスをしています。

そのことをご理解頂けるのであれば、年明けに、もう一度ご連絡下さい。

   (2015年1月作成)

スポンサードリンク

知財情報をリサーチ(ランキング)

関連エントリー

知財コンサルティング


知財系メルマガ

メールアドレスを入力してください
>>バックナンバー
知財最新ニュース
RSS配信中