◎中途半端な知識による自縛

Top >  知財実務/商標編 >  ◎中途半端な知識による自縛

◎中途半端な知識による自縛

 現場の方々が、中途半端な知識で損をしている例を立て続けに経験しました。

   外国の地名は、商標には使えないんでしょ?
   ローマ字の3文字はもうダメで、4文字以上ですよね?

といった誤解です。
 ここで書くまでもないかもしれませんが、
商品の産地などと無関係ならば、ダメとは限りません。
ローマ字3文字だからといって、ダメとは限りません。

 社内での研修などを通じて、「商標」に関する断片的な知識はあるものの、
正確な知識になっていないようです。

   知っていれば得をする知的財産

というようなタイトルの本やセミナーは、流行っているし。
知的財産の基礎知識が常識にならない限り、必要とされるでしょう。

 しかし、中途半端な知識で、自らを勝手に束縛する、ということが
現場では多々起きているのではないか。
 そう思わされた出来事でした。

   (2014年12月作成)

スポンサードリンク

知財情報をリサーチ(ランキング)

関連エントリー

知財コンサルティング


知財系メルマガ

メールアドレスを入力してください
>>バックナンバー
知財最新ニュース
RSS配信中