◎幼少期に好きだったことを仕事にした場合

Top >  天職 >  ◎幼少期に好きだったことを仕事にした場合

◎幼少期に好きだったことを仕事にした場合

 物づくり系企業の社長さんとご一緒し、彼の小学校時代の話を伺いました。
少年時代、台風が来ると停電が発生したそうですが、

   台風が来ると、ワクワクしたんだ

というお話。しかし、その話の続きは、私の予想を裏切りました。

   自転車のダイナモ(発電機)の回転軸に、自作の大きなプロペラを付け、
   台風の風で回転させることで、部屋の明かりを確保した

というのです。

   近所が停電で真っ暗なのに、ウチだけ明るいのが嬉しかった

とのこと。
 今やっていること(自らの会社の仕事)も、あまり変わっていないのかも、
と笑っていました。 幸せいっぱいという笑顔でした。
 彼は、子どもの頃から好きだったことを「天職」としたのでしょう。

 その話を私と一緒に聞いていた女性とお話をする機会があり、
その社長さんの話題になりました。
 彼女は、その社長さんがそうだ、というわけではないですが、と前置きしつつ、、

   幼少期から好きだったことを仕事にすると、視野が狭くなるかもしれませんね

と仰いました。

 ずっと好きだったことを仕事にした、と喜んで突き進むだけでは、
視野が狭くなったり、成長が止まったりするかもしれない。
「天職」に対しては、そういうモノの見方も必要だろうな、と思いました。

 好きなことだけをやっていると、人間としてのバランスを崩しかねない。
その業界でしか通用しない言葉を綴り、その業界慣習にて振る舞うことで、ひんしゅくを買う、
といったことを目にすることがあるからです。
 (自分もそうした振る舞いをしていないか、自問してみます)

   (2014年10月作成)

スポンサードリンク

知財情報をリサーチ(ランキング)

関連エントリー

知財コンサルティング


知財系メルマガ

メールアドレスを入力してください
>>バックナンバー
知財最新ニュース
RSS配信中