◎生徒さんに助けられながら

Top >  大学における知財教育 >  ◎生徒さんに助けられながら

◎生徒さんに助けられながら

 スキージャンプで有名な下川商業高校(北海道)へ出掛け、
「商品開発」という授業の外部講師を勤めてきました。

 大学生への授業は経験を積みつつありますが、高校生への授業経験は一度だけ。
準備期間も含めてかなり緊張しました。
 おそるおそる授業を始めてみましたが、元気な高校生(男女比半々の2年生)に助けられました。
ノリの良い男子生徒2,3名が私の問いかけに対して反応してくれ、進めやすかったのです。
(途中で居眠りをしていた生徒さんが盛り上げてくれた、というのが何とも嬉しかった。)

 さて、どの生徒さんも廊下ですれ違うと、「こんにちはぁ」と元気に挨拶してくれました。
「気持ちが良いですね。どんな始動をされているのですか?」と指導教員の先生に尋ねると、、

  商業高校ですから、社会にすぐ出る生徒も多い。
  社会人になるからには挨拶は徹底させているんです。

とのこと。
 大半の生徒が地元で働くことを希望している、とも聞きました。
挨拶がしっかりできる元気な高校生が卒業していくのだから、良い町になるだろうな、と思いました。
 オリンピック選手を輩出していることも頷けます。

 この町がとても好きになりました。機会があれば、また訪れたいです。

   (2014年9月作成)

スポンサードリンク

知財情報をリサーチ(ランキング)

関連エントリー

知財コンサルティング


知財系メルマガ

メールアドレスを入力してください
>>バックナンバー
知財最新ニュース
RSS配信中