◎知財キャリアプランとマーケティング能力(1/6)

Top >  知財実務についての雑感 >  ◎知財キャリアプランとマーケティング能力(1/6)

◎知財キャリアプランとマーケティング能力(1/6)

 知財業界におけるキャリアプラン、とは何でしょうか。
こういうことが話題になっていること自体は、前々から感じていましたが、
「キャリア」や「プラン」という言葉になじめず、見て見ぬふりをしてきました。
 しかし、これらのキーワードで自分自身を振り返ってみるのは良いかなと考えるに至り、
これまでの私(のキャリア?)を簡単に書いてみます。

  1)「色々な発明をするヒト」になりたい、という気持ちを秘め、
   メーカの技術者ではなく、特許事務所への就職を、大学卒業時に選択しました。
  2)特許事務所に入るならば資格は必要、と所長に言われ、資格を取りました。
  3)「色々な発明をするヒト」を目指して行動した結果として、様々な本を読み、
   様々な人に出会い、特許事務所への勤務をしながら会社を設立しました。
  4)サラリーマンと会社経営の二足のわらじ、と気取っていられたのはつかの間、
   会社設立から半年後に独立せざるを得なくなりました。
  5)その後も「色々な発明をするヒト」になるために行動し、
  「知財プロデューサ」を名乗って、発明発掘活動などをしていました。
  6)日本弁理士会にて大学支援部門の部会長などを4年間、やらせて頂きました。
  7)アントレプレナー大学院での講師をやらせて頂けることになりました。
  8)特許庁のプロジェクトにて「知財経営コンサルティング・インストラクタ」
   を4年間やらせて頂きました。
  9)デザイン専攻の大学での講師をやらせて頂けることになりました。

 同業者の中では、会社設立、大学講師、インストラクタといった経歴(キャリア?)は、
珍しいかもしれません。
 しかし、似た経歴を持っている先輩同業者(キャリアターゲット)を存じませんでした。
目標や参考にさせていただいた方がいたわけではない、ということです。
 また、2)の頃に3)のようになりたい、という気持ちが沸いてくることはあっても、
4)以降のことを考えていたわけではありません。
 つまり、すぐ先のことくらいは考えていたかもしれませんが、
「キャリアプラン」ありきで実現したことではありません。
 ただし、実現には「行動力」がキーだった、ということは間違いないと思います。
そして、その行動力と密接だったのは、マーケティングだったとも。

   (2014年7月作成)

スポンサードリンク

知財情報をリサーチ(ランキング)

関連エントリー

知財コンサルティング


知財系メルマガ

メールアドレスを入力してください
>>バックナンバー
知財最新ニュース
RSS配信中