◎経験の密度を高める方法

Top >  一人前ビジネスパーソンへの道 >  ◎経験の密度を高める方法

◎経験の密度を高める方法

 経験豊富な方のスキルを羨ましく思う・・・
今よりもずっと未熟な頃、そういう気持ちに何度もなりました。
 しかし、あるとき、以下のことに気付き、
   羨ましい
という気持ちは、脇に置いておくように心がけるようになりました。

 「羨ましい」と感じている自分は、
   小さな努力で、あのスキルが身につかないかなぁ
と心の底で思っているのだ、と気付いたからです。
 羨ましいと思った方の、その時のレベルにいつの日か自分が近づけたらいいなぁ
という程度の志だから、そんなレベルの低い思いを抱いているということにも。

 経験の数だけを比べたら、羨ましく思ったその人が引退しない限り、追いつけません。
その人も、更なる経験を積み続けるのですから。

 とすれば、経験の数を増やせばいい。
 しかし、経験数を増やすのは、容易ではありません。
サービス業の場合は特に、物理的な時間が足りないから。

 とすれば、・・・ 経験の密度を高めること。それが私の答えです。
 具体的には、事前準備と事後反省を大切にすること。
事前準備が充実していれば、現場で気付けることが増えます。
事後反省では、多面的に振り返ったり、新たな切り口などを探したりします。

 チームで現場へ出向いた場合、その現場での仕事を終えた直後に、
一杯やりましょう、となることは少なくありません。
 現場経験の直後に飲み会は、他のメンバーの関心事や気づきを共有する
最高の機会です。ですから、その飲み会にて気付いたことはとても大切です。
 私は、そんな飲み会の帰り道、酔っ払った頭でもメモを残すようにしています。

 いつまで経っても追いつけない、という人へ少しでも近づくために。

     (2014年6月作成)

スポンサードリンク

知財情報をリサーチ(ランキング)

関連エントリー

知財コンサルティング


知財系メルマガ

メールアドレスを入力してください
>>バックナンバー
知財最新ニュース
RSS配信中