◎真の意味を体感する恐ろしさ

Top >  弁理士試験 >  ◎真の意味を体感する恐ろしさ

◎真の意味を体感する恐ろしさ

 試験本番が近づいてきた今、受験生だった私に

   練習は本番のように
   本番は練習のように

という言葉を先輩弁理士から頂いたことを思い出しました。

 良い言葉だな、とは思いましたので、先輩弁理士に感謝しつつ、
模擬試験などは、本番のつもりで一生懸命やりました。
 しかし、その年の一次試験には落ちてしまいました。
この言葉の、本当の意味を知ってはいなかったからでしょう。

   受からなかったらまた一年という長い年月

というプレッシャーを練習では想定しきれなかったのでしょう。

 言葉として理解することと、言葉の意味を体感することとは大きな違いがあります。
体感することは、大なり小なり恐ろしさを伴うようです。
 その恐ろしさを避けたいがため、言葉だけで理解しようとしていたのでしょう。

 今の世の中、「チャレンジ」という言葉は、頻度高く使われているのですが、
こうした恐ろしさに打ち勝つ勇気を伴った言葉ではないと、軽くなってしまうのでは?
 恐ろしさを避けた人の成功確率は、小さいような気がします。

    (2014年5月作成)

スポンサードリンク

知財情報をリサーチ(ランキング)

関連エントリー

知財コンサルティング


知財系メルマガ

メールアドレスを入力してください
>>バックナンバー
知財最新ニュース
RSS配信中